スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった数秒の滑りの中で物語を語ることのできる里谷多英への賞讃に日本の文化をみる。

引き続き里谷多英。

野村元監督が楽天と日本ハム両チームに胴上げされてるのを観て以来の感動。
同じようにたくさんの人が感動したはず。

里谷多英の今回の滑りに対する称賛は
偏ったマスコミ報道への反動を差し引いてあまりある
"滑り"そのものへの称賛だということがすごい。
結果を残していない、かすってもいないどころか
致命的な大きなミスをしてる選手に対する称賛。

伝わる人にはしっかりと伝わってるし
その伝わる人が多数をしめてることにたいしても感動した。
日本人はそういう感動の仕方のできる文化をもっている。
それが証明されたということだ。

それにしても里谷多英はすごい選手だ。
素晴らしい実績と才能があるからではない。
素晴らしい実績と才能がある選手は他にいくらでもいる。
たった数秒の滑りの中で物語を語ることのできる選手。
人に共感と感動を与えることのできる選手。
そういう選手は他に知らない。

そしてそのことを誰か本人に伝えて欲しい。
知っていて欲しい。





スポンサーサイト

ものすごい里谷多英の滑り。それにしても5大会連続出場の長野ゴールドメダリストを これほどまでに無視し続けるこの国のマスコミはどうかしてる。

里谷多英の滑りはものすごかった。
飛んでるような滑りだった。
あんなの初めてみた。
明らかに長野よりすごかった。
全身全霊でのものすごい滑り。
気持ちのこもった滑り。
それが伝わる滑り。

第2エアーまではどの選手よりも速かったという。
ということは世界最速の滑りだ。
どんなにメディアに無視され続けようとたたかれようと
昨日の里谷多英の滑りは見た人に感動を与えたと思う。
終わったあとの悔しそうな照れくさそうな
でもやりきった感のあの表情は忘れない。
負けても感動を与えるアスリートが本物のアスリートだと思う。

それにしても5大会連続出場の長野ゴールドメダリストを
これほどまでに無視し続けるこの国のマスコミはどうかしてる。

日本プロ野球の歴史的汚点。明日のファン感謝デイで感謝の前に詫びるべき。

それにしても大学生相手に屈辱的に引き分けてヘラヘラしてる連中をサムライジャパンなどと呼ぶのはもうやめよう。

今夜悔しくて眠れない選手はいるのか。明日のファン感謝デイで感謝の前に詫びるべき。

日本プロ野球の歴史的汚点。

楽天の愚行

楽天の愚行。

試合後に大コールを浴びる監督が他にいるか?

毎試合後マスコミに積極的に登場して宣伝マンをかってでた監督が他にいたら教えてほしい。

ことあるごとにファンへの感謝を口にする彼に心動かされた他球団含め野球ファンは多いはず。

30年間広島ファンだった自分も心動かされた。

日本一野球を知ってる監督だと落合監督は言った。

どん底からはい上がってきた姿を僕らは知ってる。

楽天は胴上げをみて考えを変えてほしい。

日本の野球のために。

WBC王ジャパンが世界一に

昨日、WBCワールドベースボールクラシック決勝で日本がキューバを破り優勝した。イチロー選手のリーダーシップや強気な発言、アメリカマイナーリーグ審判の誤審問題、アメリカの惨敗、韓国チームの活躍など、話題も豊富な大会だった。期待を遥かに上回ったことは2つある。1つは世界一を決めるにふさわしい世界最高峰のプレーがたっぷり観れたこと。2つ目は日本のナショナルチームが本当の意味でのチーム(寄せ集めのオールスターチームではなく)になっていったこと。「このチームでメジャーリーグで戦いたい」と興奮気味に語ったイチロー選手の言葉が全てを言い表してる。ただ最も驚いたのはWBCに本気でのめり込んでいる自分自身を発見したことだった。今夜成田に選手が到着する。
 
 

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。