スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコいい日本のロック。10年前もカッコよかったし今もカッコいいコーネリアス。

コーネリアスはかっこよかった。日本人で初めてかっこいいなって思った。それまでも好きな日本人アーティストはいた。ただ洋楽のロックを聴くのとは違った感覚で聴いていたような気がする。別の耳で聴いていたというか。うどんも好きだけど野球も好きだっていう感覚。まったくの別ものとして日本の音楽と洋楽は自分の中に存在していた。コーネリアスの69/96を聴くまでは。
69/96 Music
69/96は痛快だった。日本人のロックかっこいいって思った。同時代の洋楽にも負けてないどころか、勝っている。わけもなく誇らしく感じた。このタイトルもよかった。僕は69年生まれだから。小山田圭吾は同年生まれ。もちろん親近感を感じる。

強烈だった。へヴィーなデジタルグルーヴには人肌の温もりもしっかりと備わっていたし、それまでの邦楽にはなかったクールな感覚があった。ユーモアのセンスもあった。ヘビメタ好きだったことをカミングアウトしたような開き直り方も痛快。何度も何度も繰り返し聴いていた。いつも快感で痛快。気持ちよかった。日本のロック最高だって思った。

MORE »

スポンサーサイト

なんで俺はここにいるんだろう。ラジオからフジロックが流れてる。

なんで俺はここにいるんだろう。今、J-WAVEでフジロックの昨日のステージの模様が流れてる。仕事しながら聴くのは拷問に近い。でも聴いてしまう。今フランツの昨日のライブが流れてて、その前がマッドネスで、さっきズートンズ、その前がジェッツで…。どうやら明日も今日のライブがオンエアされるらしい。それにモーサム圧勝なんて記事を見るとなんだか居てもたってもいられなくなる。落ち着かなくなってくる。

フジロックはもちろん目当てのアーティストのライブを観るのもいいけど、それ以上に未知のアーティストとかレコードであまりピンとこなかったアーティストのライブを体験できるのがいい。そしてそれ以上にライブを観ること以上にあの雰囲気。音楽愛に満ちたあの空間。そこらじゅうで音楽がいきいきと流れてる。DJブースとか屋台のラジカセとか色々なブースなんかで流れてる。そして音楽を愛する人。そして人。そして自然。そういう中ですごす3日間。なんて素晴らしいんだろう。

家で音楽聴くのも空しくなってしまう…。

コーネリアスの新曲も初オンエアということで流れてきた。瑞々しい。透明感。生々しい。ギターやベースの弦の擦れる音まで聴こえてくる。心地良い。綺麗な水の中にいるよう。そして新しさも感じさせるところが何よりいい。

70年代に一番カッコいいロックを演っていたのはマイルスデイヴィスかもしれない。

エレクトリックマイルスを聴くといつもなんともいえないじれったい気持ちになってしまう。こういうのがレコード店のジャズの棚にあっていいものかって思ってしまう。おおきなお世話。だけどロックの棚に置いてほしい。もしかしたら70年代一番カッコいいロックをやっていたのはマイルスデイヴィスなんではないか。似たようなことをいろんな人が言ってるし、そんなに突拍子もないことではないと思う。スライもファンカデリックもボブマーリィーもロックの棚にある。まさかブラックミュージックの棚のみにしかないとしたらこれは悲しい。でもマイルスがロックの棚にないことはそれにも増して悲しいことだと思う。時々小さなロック専門店でマイルスがおいてあるけれどそういうお店は素敵だと思う。信頼できる。なんとなく。
Bitches Brew アガルタ
もしキングクリムゾンとピンクフロイドとソフトマシーンの間に「ビッチェズブリュー」とか「アガルタ」とか「ゲットアップウイズイット」とか「インアサイレントウエイ」とかが並べられていたらもっと早くエレクトリックマイルスに出会えたかもしれない。ジャズから出てきた人だけどジャズっていう小さなカテゴリーなんかに閉じ込めておくのは犯罪的。あるカテゴリーに収まらなくなったらとりあえずロックの中に入れておけばいい。そういうことが許されるのはロックだけだと思う。ロックのリスナーのほうが少なくとも60年代後半からのマイルスは理解できるし楽しめると思う。耳の肥えた今の若いロックリスナーこそマイルスのことをもしかしたらより深く理解できるのかもしれない。

MORE »

暑い。もっとも暑かった4年間。ノイジーでサイケデリックでグランジな夏。

暑い。暑い夏が来るといつもあの頃の夏を想い出す。もっとも暑かった4年間。クーラーなし。地震どころか風で揺れる木造2階建アパート。横浜なのに海の匂いはしない。そのかわり晴れた日には富士山が見える丘の上。野球の練習から汗だくで戻ってくるとすぐに風呂で水浴びをしていた大学時代4年間。暑かった。ひたすら暑かった。
Honey's Dead Green Mind
そしてノイジーでサイケデリックでグランジな夏。ジーザスアンドメリーチェインにフレーミングリップスにドンフレミングにペイルセインツにクレイマーにダイナソーJRにソニックユースにティーンエイジファンクラブにニルヴァーナにサブポップにシミーディスクに…そしてニールヤングの「ウエルド」などなど。グランジでサイケデリックでノイジーな夏。金属的でクールでひんやりとしたノイズギターサウンド。汗だくになりながらも涼しくなれるような気がした。暑い中爆音で聴きながらウトウトしながら白昼夢の中に迷い込む。暑いけどそれが快感に。

だからあの時代のロックを聴くとあの夏を想い出すし、暑い夏がやってくるとあの時代のロックを想い出す。

ラジカセサイズのロックンロール。ストロークスの発明。フジロックグリーンステージマジックは起きるのだろうか。

ラジオヴォイスでだらしなく歌う。テレヴィジョンのフレーズと雰囲気を引用してるけど、彼らよりはるかにポップにキャッチーにコンパクトにまとめられた小気味いいロックンロール。デビュー時より多少派手なつくりになってるけど基本はかわらずのシンプルなモノトーン調。なぜか中毒性の高い歌メロ。ラジカセで繰り返し聴くととても心地良い。ラジオからふと流れてくるとなおいい感じ。そんなロックンロールバンドだからサマソニのスタンドまでは届くはずもなかった。アメリカのバンドなのに。同じ条件で観たステレオフォニックスとは対照的。イギリスのバンドなのに。フジロックグリーンステージではどうなんだろう。マジックは起こるのだろうか。
Is This It First Impressions of Earth

懐メロロック。ジャズとロックの違い。一番新しいロックが一番ロックなものであってほしい。

懐メロロックのライブは嫌いではない。レコードでしか知らない大好きな音楽が生でしかも大音量で聴けて、そして自分と同じようにそのアーティストを愛するオーディエンスと喜びを分かち合うことができる。お客さんは予定調和を求めアーティストは予定調和のパフォーマンスをする。それはそれで楽しい。そういうライブにも今までいろいろ行ってきた。ポールマッカートニーもジョージハリスンもリンゴスターもローリングストーンズもエリッククラプトンもジェフベックもロジャーウォーターズもイーグルスも、そしてドアーズも…それから他にも…。丁度今頃、懐メロロックフェスが行われていて、出演者の中にたまたま今観たいなって思えるアーティストが少なかったのでそんなにそそられることはなかったけれど、でも行けば行ったでそれなりに楽しめたんだろうと思う。楽しかっただろうな…。
Tripping the Live Fantastic フラッシュポイント
ただ、懐メロばかりになってしまうとロックはつまらないものになってしまう。CDというメディアが出現して古いものも新しいものと同様に手に入りやすくなって以来、どんどんロックが古いもの尊重主義に傾いてる。ボーナストラックやリマスターや紙ジャケや売り手側は手堅く商売のし易い商品を手堅く売るほうに傾きすぎてるような気がしてならない。昔の、はるか昔のアーティストのはるか昔に残した音楽。その傾向が強くなると、古いものしか売れない、古いものしか尊重されない、まるでジャズのようなジャンルになってしまう。新しいアーティストが出辛くなってしまう。

MORE »

レッチリの発明。Red Hot Chili Peppers "Stadium Arcadium"

Stadium Arcadium
"Stadium Arcadium" (2006)

強靭なファンクに哀愁のメロディ。レッチリの発明。西海岸シンガーソングライター系メロディを枯れた声ではなく安定した太い声で歌う。揺ぎ無くどっしりとした安全な演奏。何よりもドライブに似合う。最高のドライブミュージック。

ばかばかしさの中にシリアスさがあったからこそ、そのシリアスさが際立っていたレッチリ。シリアスさに支配されるとシリアスさが目減りする。

ビートたけしがお笑いのみのフィールドからシリアスなアートのフィールドに以降しても、いまだに着ぐるみを着ることに躊躇することはない。

レッチリには着ぐるみを着ることに躊躇しないようなレッチリでいてほしい。ずっと。個人的には。

80年代の録音。無意味な妄想。気恥ずかしくて笑ってしまうあの感じ。

80年代特有のあのリヴァーヴ感と中途半端に安っぽいシンセ。軽くておもちゃのようなベースとドラム。中高域がぎらぎらとしていて、時には耳がキンキンするあの感じ。歌にはもちろん過剰なリヴァーヴ。とにかくなんでもかんでも不自然なリヴァーヴ。過剰にきらびやかなシンセストリングス。わざと自然ではない感じ。わざと生々しくない感じ。楽器が空虚な音で鳴っている。今聴くと古臭い。70年代の音よりも60年代の音よりもむしろ古臭く聴こえる。
Born in the U.S.A. So
もしピーターガブリエルのあのアルバムや、ボブディランのあのアルバムや、ニールヤングのあのアルバムや、ブルーススプリングスティーンのあのアルバムがもう10年早く、もしくはもう10年遅く録音されていたら、その当時のスタジオで、エンジニアで、録音機材で録音されていたら、もっともっと自分の耳に馴染んでくれたと思う。ポリスもU2もトーキングへッズもXTCも、もっともっと好きなアルバムになったかもしれない。無意味な妄想。

音楽そのものがたとえ好きでも、当時のレコーディングのトレンドがまったく好きになれない。エンジニアのセンスが好きになれない。

MORE »

問題の核心。個人的解釈。ドンヘンリーの歌。

インディア.アリーというアーティストの「ハートオブマター」という曲が最近よくラジオで流れている。この曲は80年末に元(?)イーグルスのドンヘンリーのソロアルバムに収録されていて、シングルカットもされてないけどとても好きな曲だった。どうしてインディア.アリーがこの曲を取り上げたのかは知らないけど、あまり知られていない自分の好きな曲が違うアーティストに取り上げられて、その曲がラジオから頻繁に流れてくるというのは何か不思議な感じがする。でももちろんなかなかいい気分。いい曲。それに歌もいい。
The End of the Innocence ホテル・カリフォルニア
「ハートオブマター」はドンヘンリーの「エンドオブイノセンス」というアルバムに入っている。いかにも80年代的なリヴァーヴ感やシンセの入ったAOR的な佇まいのアルバムだけど、元々ドンヘンリーの適度な哀愁を帯びた掠れた声が好きだし、ドンヘンリーの曲も大好きだったので当時もよく聴いていた。心情を熱を込めて歌い上げるのではなく、あえて感情を押さえ気味に淡々と歌うからこそ強く伝わってくる。「ハートオブマター」もドンヘンリーのほかの歌同様強く心に入って来た。

ハートオブマター。問題の核心。それは許すこと。
そんなふうにドンヘンリーは歌った。

MORE »

高田馬場のレコード店。タイムとレコファン。

最近高田馬場でいいお店を見つけた。いいお店というかいい組み合わせでとなり合わせの2店。ひとつは老舗中古レコード店「タイム」、そしてその隣に輸入盤新譜最安店レコファン。この2店が隣り合わせというのはなかなかいい。特に時間があまりないときなんかにはとてもいい。街を歩きまわらなくていいので疲れない。
20060718165727.jpg

MORE »

どんなに小難しい曲を聴くようになってもスピッツの「青い車」はずっと大好きな曲のままだと思う。

青い車
"青い車"スピッツ (1994)

どこまでも上に向かって広がっていく清涼感たっぷりに響き渡るギターカッティングからもう一気に引き込まれて、そして一緒にどこまでも高く昇っていってしまう。そしてAメロがはじまるとそれに前向きな哀愁が加わり、そしてサビにくるともうグッと来てしまう。サビの前半ですでにグッと来てるのにサビの後半ではもうここまでいくのかっていうくらいグッとくる。ノスタルジックだけど前向き。

MORE »

神宮球場はビアガーデン。そしてヘビメタがよく似合う。

久しぶりに神宮球場に行った。世間からの注目度は史上まれにみるほど低い日本のプロ野球。学生時代はずっと野球をしてきたし高校生くらいまでは割と本気で広島カープを応援してた。高橋慶彦がいて大野豊がいて津田恒美がいて達川光男がいた広島カープ。もう遠い昔のような気がする。神宮に行ったのは、久しぶりに友人から電話をもらったから。彼は仕事で知り合った友人だけど、仕事よりも野球とかプロレスとか、今では完全にプライベートで会う事のほうが多い。とにかく蒸し暑い夏の夜、特には観たくもない巨人対ヤクルト戦を観にいった。

空いている。数年前では考えられない。数年前は込んでいたし10年以上前では当日券など手に入らなかったはず。空いている。それに結構涼しい。風がある。気持ちいい。これはスポーツ観戦というよりもビアガーデンに近い。食べ物も美味しい。親子丼も美味しかったし、友人によればカレーライスもかなり美味しいとのこと。涼しい中で野球の試合をつまみにビールを飲む。これはなかなかいい。

MORE »

ジャズを聴いているとロックよりロックを感じてしまうことがある。ブルーノートの楽器の音。

ROCKの心象風景と言いながらここ数週間はジャズばかり聴いている。僕の場合はだいたい1ヶ月周期で聴いている音楽の傾向が変化していってるようだ。今はジャズの、それもブルーノート盤を聴くことが多い。ちょっと前は70年代の割と有名なロック、その前は最近のロック、といったようにローテンションが自然と出来てる。それで最近はブルーノート。たまたまブルーノート。そしていつものようにブルーノートっていいなって思う。
A Night in Tunisia ナイト・ドリーマー

MORE »

モーティーはお腹を撫でられるのが好き。

モーティーはお腹を撫でられるのが好きで
こんな格好でお腹を撫でられることを要求する。
mooty1pic_0284.jpg mooty2pic_0286.jpg

シドバレットのブルース。

こちらの世界では
すこし奇妙な響き方をするブルースだけど
自分の中にもしかしたら存在してるかもしれない
あちらの世界のことを少し感じさせてくれた。

人の心の中はねじれた部分がきっとあって
でもシドバレットはたぶんそのねじれた部分がなかったから
子供のままの純真でデリケートな心をもったままだったから
僕らにはねじれて聴こえたのかもしれない。

あちらの純真な世界で
今もブルースを歌ってるのだろうか。

でもブルースなどもう必要ないだろうな。きっと。

ドアーズとジョンコルトレーンは似ていると思った。

ドアーズが好きでドアーズに似てるといわれてるようなものをよく聴いていた時期があった。60年代のものとかニューウエーブと呼ばれてるジャンルのものとかマニアックなサイケデリックバンドとか、とにかく紹介文などで「ドアーズを思わせるような~」とか、「メンバーがドアーズが好きで~」とか、そういうのを見るとすぐに聴きたくなってしまって、とにかく買いあさってたことがある。もう10年以上も前のこと。だいたい最初聴いたときはドアーズっぽくていいなって思うんだけど、不思議とというか、当然というか、繰り返し聴いて大ファンになったことはあまりない。少なくとも今ぱっと思い出せるようなレベルでは印象に残っていない。
ハートに火をつけて ブルー・トレイン

MORE »

大統領と総理大臣。

「総理、ミサイルがこちらに向いております!どうしましょうか!」「大統領はなんと言ってる?」「今休暇でゴルフに行ってるそうです。電話で捕まえましょうか?」「なにを言ってる。せっかくの休暇をじゃまされたくないだろう。大統領の休暇はいつまでだ。」「週明けになるようです。」「わかった。では週明けまで静観ということで。」「非武力の制裁に関してはどうしましょうか。」「マスコミがうるさいから適当につくっとけ。ただ必ず”原則として”ということばを忘れてはならんぞ。原則としてということばをつけとけば後でどうにでもなるからな。」「わかりました。では経済制裁と出入り禁止ということでよろしいでしょうか。」「そんなものなんでもいい。必ず”原則として”ということばつけとけば内容なんて何でもいいに決まってるではないか。」

MORE »

10年振りのストーンズよりもストーンズっぽい曲。プライマルスクリームのロックンロール。

プライマルスクリームの「カントリーガール」はアルバムリリース1ヶ月くらい前からラジオで頻繁に流れていた。最初何回か聴いたときはプライマルスクリームの曲とは知らず、プライマルスクリームかな?誰なんだろうな?くらいに思っていた。ストーンズよりもストーンズっぽいな、かっこいいなって単純に思っていた。「ホンキートンクウィメン」を「ブラウンシュガー」のセンスで演奏したような、埃っぽくて泥臭いけど粘っこくて色っぽい、そして誰でも分かる単純明快なロックンロール。誰なんだろう。ラジオのDJは流れてる曲のタイトルとかアーティスト名とかあんまりはっきり言ってくれないことが多いから、聞き流してたら聴きそびれてしまう。アルバムがリリースされるちょっと前くらいになってやっとこの曲がプライマルスクリームの曲で、アルバムからの先行シングルの曲だと知った。
Riot City Blues Give Out But Don't Give Up

MORE »

帰宅する時はジョンレノンの「ノウバディラヴズユー」。

夜中に帰宅する時はジョンレノンの「ノウバディラブズユー」を頭に思い浮かべて、時にはハミング、時には口笛、時には口ずさみ、というパターンが多い。しかもこの曲はもともとイントロに口笛が入ってるから丁度いい。日が出てる時の歩きのテーマがクリームの「サンシャインオブユアラブ」とエリッククラプトンの「コカイン」、日が暮れてからは「ノウバディラヴズユー」ということになるのだろうか。今日一日のことを思い出してちょっと反省してみたり、ちょっと優しくなってみたり、ノスタルジックに浸ってみたり。そんな風に久我山の駅から自宅までの10分間を歩いてる。これまたもう10年以上の習慣と化している。不思議なものだ。ただ、ジョンレノンのこの曲に関しては、かれこれ20年(!)近く僕の中でジョンレノンの好きな曲ランキングのトップを走り続けている。
Walls and Bridges Menlove Ave.

MORE »

歩いてる時の鼻歌はどうしていつも「サンシャインオブユアラブ」か「コカイン」なのだろう。

歩いてる時ふと出てくる曲がある。頭にふと浮かぶ。時にはハミングしてみたり口笛ふいてみたりすることがある。その曲はたぶんもう10年以上も前から決まっていて、なぜかクリームの「サンシャインオブユアラブ」とエリッククラプトンの「コカイン」。毎日のようにハミングしてるような気もする。2曲とも好きな曲ではあるけどクラプトンなら他に好きな曲は山ほどあるし、特に思い入れがあったりするような曲でもない。でもなぜか鼻歌は「サンシャインオブユアラブ」か「コカイン」のリフ。
Disraeli Gears Slowhand

MORE »

モーティーはベッドと壁の間で床にへばりついて眠る。

モーティーは暑いといつのまにか
家で最も涼しいと思われる
ベッドと壁の間に行き
床にへばりつくようにして眠る
20060704195016.jpg 20060704195035.jpg

そして、しばらく見てると起きて
それから、こちらに近づいてきて

MORE »

井の頭公園のボートに一緒に乗ったカップルは別れる、という噂についての考察。

井の頭公園のボートにカップルで一緒に乗るとそのカップルは別れる、という噂がある。いろんな人が言うのを聞いたことがあるし、この話をして知らない人は今までいなかったので、かなり東京周辺では有名な話なのかもしれない。

ただ、カップルというものはそもそも別れる確率のほうがずっと大きい。結婚まで至ることを別れない、と仮に定義してみる。結婚するまでに、例えば、多いのか少ないのかわからないけど、平均5人の異性と付き合うとする。そのうち最後に付き合った人と結婚するとすれば、付き合った人と結婚する確率は5人のうちに1人なので20パーセント。なんと、80パーセントのカップルは別れることになる。そして結婚してから別れる可能性を10パーセントとすると、さらに増えて、82パーセントのカップルは別れる。そう、だから井の頭公園のボートに一緒に乗ろうが乗るまいがカップルは別れる可能性のほうがずっと大きい。

MORE »

電車の中でヘッドフォンで音楽を聴くこと。

満員電車に乗ってるとヘッドフォンが目に付く。世の中にこれほど音楽好きがいるのかとびっくりするくらいの数。満員電車の中で苦痛を少しでも和らげようとして、気を少しでも紛らわせようとして、ヘッドフォンを耳に当てている。

皆何かに耐えてるような顔をしている。そして何かに疲れたような顔をしている。ヘッドフォンを使って外界から何かが入ってこないように、何かを遮るように、その手段として音楽が使われている。そういうふうに歌謡曲やロックやヒップホップやテクノやジャズやクラシックや…音楽が使われている。そう、使われてるっていう感じがしてしまう。外科手術をするときの麻酔のように。

MORE »

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。