スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもメールより電話を選ぶ。ストレスを避けるとコミュニケーションは成り立たない。

いつもメールよりも電話を選ぶ。

メールがくると、どうして電話くれないのかって思うこともある。そのほうがいちいち返信とか、返事をするためにこちらから電話する手間が省ける。

メールは相手のことを考えてのことだっていう人もいるけど、電話に出ることができないときは電話に出ないし電源を切ってるかマナーモードにしてるはず。留守電に用件を録音してくれればそれですむこと。

お互いに時間が省ける。

それに

電話だとメールでは伝わらない細かなニュアンスを伝えることができる。例え留守番電話でも。

電話よりもメールを選ぶ理由は、人と話をするという”ストレス”を避けるため。だから言いにくいことほど電話ではなくメールにする。

”ストレス”を避けると”コミュニケーション”は成り立たない。

メールの利点も認めたうえでのことだし僕もメールすることもあるけど、どちらが好きかと問われると、圧倒的に電話が好きだし、それ以上に実際に会うことが好きだということは、今までもそうだしこれからもずっとずっと変わらないような気がする。
スポンサーサイト

トラフィックとフリーを聴いて思ったこと。

トラフィックは全部好きでフリーは嫌いではないけどどのアルバムも好きになれない。好きになれないっていっても時々ターンテーブルに乗るから嫌いというわけでもなくて、文字通り”好きではない”だけ。

音楽性うんぬん以前にやはり声だと思う。スティーヴウインウッドは好きでポールロジャースは好きではない。もしヴォーカリストが逆なら印象も大きく変わったかもしれない。

このあたりの時代の人だとレイデイヴィスは好きだけれどスティーヴマリオットはそうでもなくて、エリックバードンは大好き。

やはり人間だからどんな楽器よりも人の声というものが耳について、声以外がどんなに好みにあっていても声が苦手ならそれだけで興味がなくなってしまう。

そんなことを無意識のうちに感じはじめると声のならない音楽を聴きたくなって、久しぶりにジャズを聴こうかなって思うことになる。

WILCOとTHE BANDの共通点。

WILCOはずっと好きで、去年出たライブ盤も好きで良く聴いていた。もちろん今作も大好き。彼らの作品は必ずいなたくなる寸前(もしくは充分いなたい)のグッとくる歌がり、しかも神秘性、あるいは、不思議な浮遊感がある。ただ単純にアレンジとかスタジオ内的な音創りのレベルではない、なにか、そう、なにかわからないけど、、、そこが凄く魅力的。刺激的。POP。

Sky Blue Sky Music from Big Pink

そしてそのことはThe Bandにも言えることにここ数ヶ月くらいでやっと気付いた。

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。