スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無用なエフェクトやリバーブ処理を介さないそのまま鳴ってる音。やっとビルエバンス。

ジャズを意識的に初めて聴いたのは
たぶんマイルスのプラグドニッケルのライブだと思う。
ロック、特に60年代のロックとか
その頃はビートルズやニールヤングやツェッペリンやディランや
その他多数の海賊盤をよく聴いていたので
音楽よりなによりも、その音の良さにびっくりしたのを
今でもよく覚えている。

トランペットやサックスが
すぐそこで演奏者が演奏してるかのような
リアリティ。

こういうのは60年代までのロックでは
経験したことがなかった。

MORE »

スポンサーサイト

中古レコード屋からジャズ喫茶という贅沢。

吉祥寺にいつも開いていない中古レコード屋がある。
たまたま見つけたのが数ヶ月前で
吉祥寺に行くたびに寄ってみるのだけど
本当にいつ行っても開いてない。

昨日、吉祥寺に行く用事があり、
たぶん開いてないだろうなと期待しないで行ってみたのだけど
そのお店、名前は忘れてしまった。。開いていた。

20畳くらいの店内にロック、ソウル、ジャズなどなど。
もちろんジャズのエサ箱をあさる。

ディスクユニオンよりも2割から3割安め。
1000円を切るものが半数近く。
しかもあまりみないアルバム多し。

MORE »

ふと思う。このアルバムは1曲目が良いんだと。

コルトレーンが歌心たっぷりに歌ってくれる
ソニークラークのソニーズクリブは
以前からターンテーブルに載る回数は多い。

何しろ1曲目から心の奥の部分を
気持ちよく軽快なサウンドで
心地よく刺激してくれる。
少々のノスタルジー。ポジティブなノスタルジー。

1曲目に好きな曲が入ってるアルバムは
自然と聴く回数も多くなってくる。

ストーンズでも最も頻繁に聴くアルバム、
レットイットブリードとベガーズバンケットなんか、
1曲目がそれぞれ、あの曲、でなければ
まず間違いなくこれほど聴いていないと思う。

ロックもジャズも他のジャンルも関係ない。
1曲目に好みの曲が入っているアルバムは
聴く回数は間違いなく増えて、
聴く回数が増えると他の曲も好きになり、
そしてアルバム自体が好きになる。
そしてその頃には特に1曲目が好きだったということを
忘れている。

そして、ふと思う。
このアルバムは1曲目が良いんだと。

アナログレコードのビニール袋を取り除く。

アナログレコードを専用のビニール袋に入れて
今までずっと保存していたけれど
先週末思い立って
すぐ手の届くところにあるものだけ
ビニール袋を取り除いてみた。

ちょっとうっとおしくなってきたかな、と感じる髪を
美容室に行ってすっきりさっぱりしたような。
古いものが今の空気に触れて新しく生まれ変わったような。
手に入れたばかりのまだ未知のアルバムのような。

アナログレコードとはビニール袋など入れずに(帯など論外)
保存するべきだし、アナログレコードもそれを望んでるように思える。

気持ちいい。
音楽まで気持ち良さを増したようだ。

ドナルドバードもマクリーンもいつもより楽しげ。流暢。

昨日は冬のようで今日は初夏のよう。
こうやって少しずつ春になり夏になっていくことを実感。

今までこんなにジャズばかり聴いていた記憶はない。
実感。

ウォルターデイビスJrのブルーノート盤を
なんとなくターンテーブルに載せる。
楽しくてしかも知的。
ドナルドバードもジャッキーマクリーンも
それぞれのリーダーアルバムよりも楽しげ。
だからこそ肩の力が抜けてか
いつもより流暢、華麗。

持ってはいるけれどノーチェックのアルバムが
自分の中に心地よくインプットされる悦び。

買った当時聴かなかったものは新譜同然の新鮮さで聴けるから面白い。ありがたい。

ここ数ヶ月はジャズばかり聴いている。
去年くらいまではロックばかり聴いていて
特に60年代のサイケデリックロック熱が
またまた何度目かにやってきて
下北沢のフィルモアレコードにも
頻繁にかよっていたりしてたのに

不思議なことに、
吉祥寺のディスクユニオンでも
今はジャズ館にしか寄らなくなっている。

また数ヶ月たてばロックが恋しくなってくるんだろうな。

MORE »

曇ってると気持ちが沈み晴れてると心も晴れやかになる。

曇っていると気持ちも沈む。
晴れてると心も晴れやかになる。

ここ数年特にそう感じるようになった。
人間の本能に段々忠実になってきたと言うことかな。

学生時代は雨が好きだった。
部活が室内練習とか休みになって
自由な時間ができるから。

そういうときに家でゆっくりするのが
とても好きだった。

最近は雨はいやだ。
晴れてるにこしたことはない。

ほとんどの人はそう思ってるんだろうけれど
あらためて今そう思った。

なんとなく好みがわかるようになってきた。

JAZZをちゃんと聴くようになって8年くらいで
やっとなんとなく自分の好みがわかってくるようになった。

最初はどの演奏も同じように聴こえたし
ロックの人たち、ドアーズやオールマンブラザーズやグレイトフルデッドの
長尺ソロの部分と似ているジョンコルトレーンがわかり易かった。
そしてマイルスデイビスやウエザーリポートなんかは
プログレッシブロックに聴こえた。

MORE »

新主流派とポストロックは近い位置にある。ティムバックリーとニックドレイクとシドバレットも。

JAZZで新主流派と呼ばれる人たちの音楽と
ROCKでポストロックと呼ばれる人たちの音楽は
自分の中ではとても近い位置にある。

無機質のようでいて実は中身は熱い。

ティムバックリィーとニックドレイクとシドバレットが
とても近い位置にいるように。

JAZZ ROCKと呼ばれてる音楽は
ROCKとはとても遠い位置にある。
ROCKからJAZZへの入り口になりそうで
そうなることはあり得ない。

アートペッパーとスタンゲッツはいつ聴いても良いと思ってしまう。

アートペッパーとスタンゲッツは
いつ聴いても良いと思えてしまう。

コルトレーンもマイルスも
ほかにも好きなミュージシャンはいるけれど
ほかにはそういミュージシャンは思いつかない。
それほど詳しくないので有名な人しか知らないけれど。

深く聴こうとすると深く聴ける。
浅く流そうとしても心地よく流すこともできる。
ロックも含めてもほかにこういうミュージシャンを
知らない。

中古レコードを買うときは自分の中でルールを決めている。

中古レコードを買うときは自分の中でルールを決めている。
そうすると迷いすぎないし(迷うことも楽しいのだけれど)
あきらめもつきやすい。

ブルーノート日本盤は1800円以下、その他JAZZはそれ以下
ROCKはオリジナル盤は20000円以下
他のものは2000円以下
レアなもの、オリジナルに近いものでも3000円以下
ROCKは日本盤は買わない。
アメリカ原盤のものは当然として、イギリスのものも
よっぽどじゃない限りアメリカ盤にする。
安いし音が好みであることが多い。
ジャケットの汚れにはあまりこだわらない。
盤質もジャケットほどではないけれど、それほどこだわらない。
プレスは80年以前のものが好ましい。

とは言っても時々ルールを破りそうになることもある。
つい先日もあった。

MORE »

クール系のJAZZを聴いてるとホット系のJAZZが安っぽく聴こえてしまい、JAZZばかり聴いてると、ROCKが安っぽく聴こえてしまう。

ビルエバンスがやっと好きになった。
「ワルツフォーデヴィー」を全然良いと思わず、
その頃はドルフィーやコルトレーンや晩年のアートペッパーが
ロックから入った身としてはすんなり打ち解けた。

ビルエバンスやそのほかピアノトリオなど
全然面白いと思わなかった。
ブルーノートの2管3管入ったものを
メインに聴いていた。

JAZZの中でも、これは当然ではあるけれど
自分の好みも周期があるんだろうな。

MORE »

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。