スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉祥寺のイルミネーション。ALTECのスピーカーが本気で鳴ってくれない。

なんだかんだいってもこの季節は好きだ。
理由もなく浮かれてるこの雰囲気。
いろいろあっても、まあいっか、の雰囲気。

楽しい。

街も浮かれてる。

吉祥寺に面白いイルミネーションがあった。
なかなか独創的。
吉祥寺イルミネーション

吉祥寺イルミネーション2

昨日我が家にやってきたスピーカー
ALTEC model19はまだまだ本調子ではないんだろう。
なかなか本気で鳴ってくれない。
お前の実力はこんなもんじゃないよな。

デレクアンドドミノスのレコードは音質が悪い。
だからなのか。
スポンサーサイト

日帰り温泉。箱根ユネッサン。富士山。アルテックのスピーカー。

久しぶりに日帰り温泉。
そう言えば何年か前は週末ごとに行ってたような気がする。
その頃は車で行ってたけど今日は電車。
とバス。
hakone
ちょっとした小旅行。
小田急ロマンスカーの窓から富士山が見えた。
そういえば大学時代、横浜のアパートからも富士山が見えた。
そんなことを思い出す。

何度目かの箱根ユネッサン。
温泉テーマパーク。
何種類もの温泉に入れる。
ついつい入りすぎる。

温まりすぎるくらいに温まる。
半日か、それ以上は体はぽかぽか。
altec
家に着いてしばらくすると
宅急便でヤフオクで落札したスピーカーが届く。
予想以上に大きく、そして重く
部屋に設置するまで一苦労。
まだ音は聴いてないけれど
重厚なたたずまいは気に入っている。

久し振りの大阪。e2。こういう店を持ちたいなと思わせるようなお店。

久し振りの大阪。
ここのことろ大阪に行くと必ず行く店。
音楽業界の先輩と、札幌で知り合った知人の女性のふたりが始めたお店。
e2。イートゥーと読む。
ふたりともeで始まる名をもつ。安易。
e21 e22
カレーが売りの洋風居酒屋。
ミュージシャンや音楽業界関係者もよく立ちよる店。
とても居心地が良い。
こういう店を持ちたいなって思うようなお店。

場所は厚生年金会館前の公園付近にある。

そういえば、昨日初ワンマンを成功させた堺のバンド、
chaqqのメンバーとも来たこともある。

ここに来れば誰か知り合いに会えるかも。
そういう店が地方にあるというのは素敵なことだ。

MARS EURYTHMICSのライブ。良い曲を超えた何か。

Range over hill and dale The blend of a cabanon


昨日は渋谷O-WESTにMARS EURYTHMICSの企画ライブを観に行く。元ハスキングビーの磯部正文を中心にしたバンドなんだけど、新メンバーとして、元ハスキングビーの工藤哲也を迎えての初ライブ。工藤哲也の加入はバンドに温かさと熱さをもたらした。今後も楽しみ。年末のカウントダウンでも観る予定。

マーズのライブを観るといつもグッとくる。「値ある形」という曲は、ただの良い曲、という以上の何かがある。


海賊盤、ブートレッグの時代。

なんだか往年の海賊盤を聴きなおしてる。
bs1 jl b1
その昔は海賊盤、ブートレッグばかり聴いてたような時期があった。
90年代前半くらいがピークか。

新しいアーティストや新しい音楽を追いかけるよりも
既に好きになってるアーティストの他の音源を聴きたいという欲求。
買うときが喜びのピークで聴くときには既に半減。
一度聴いたらあまり聴き返すことはなく、次のアイテムに興味は移る。

そういう時代の自分があり、今の自分がある。
あの頃の音源を聴き返してみるとあの頃の自分が見える。
音楽の効用。

iTunes効果。1974年と1975年のエリッククラプトン

iTunesにCD音源を落とす際に長年聴いてなかったものを聴きなしてるような人は多いじゃないだろうか。iTunes効果のひとつだと思う。

10年ほど前まではブートレッグをよく買っていた。聴いていたというより買っていた、という印象が強い。繰り返して聴けるクオリティ(音質だけではなくて内容も)のものは少なかった。当然だけど。

そんなわけでエリッククラプトンの1974年と75年のライブをそれぞれ聴き返す。えらい違い。こんなに違っていたかな。
clapton,undercover clapton75小


74年は酒かクスリのせいかわからないけれど、かなりへろへろ。同時代のジョンレノンやニールヤング同様。でもそのへろへろさが好きなんだよな。生々しくて。弱さが見えて。

75年は74年に比べるとかなりタイト。力強い。熱い。最も熱いクラプトンはこの頃か。

というわけで、たまに昔聴いてたブートをまた最近聴きなおしてる。

モールス。ブッチャーズ。ヤフーオークションでアナログ盤落札。ボブディラン。ビートルズ。フー。アルクーパー。

下北沢シェルターで
モールスとブラッドサースティーブッチャーズを観る。

美しい轟音、美しい曲をあびる。

最近ヤフーオークションで数枚のアナログ盤を落札してる。
お店で見かける値段よりも安く落札できることが多いので
調子にのって入札し過ぎる傾向あり。
Blonde on Blonde Rubber Soul Magic Bus


ボブディランの「ブロンドオンブロンド」オリジナルモノ盤。
ビートルズ「ラバーソウル」オリジナルモノ、ラウドカット盤。
フー「マジックバス」USオリジナル盤
アルクーパー「クリスマスアルバム」プライベートプレス盤
などなど。

落札し過ぎ。。

調子にのって何年も前から欲しかった
アルテックのヴィンテージスピーカーも落札してしまったし。。

オアシスをこんなに聴いてる。Fresh!。モールス祭り。

なんだかオアシスづいてる。
ダラーんとしたギターも慣れた。
むしろいいかも。

少し前まではオアシスをこんなに聴いてる自分が想像できなかっただろう。
人は日々変わる。変化し続けること。生きること。死への道。

昨日は渋谷ネストでFresh!というプログレジャズファンクジャムバンド(?)を観る。
昨日観た日暮愛葉and LOVESでもたたいてた秋山さんのドラムが素晴らしい。
トリッキーなフレーズから感情があふれ出してくる。
こういうのをドラムというんだ。

今日は渋谷クレスト→下北沢シェルター
シェルターのモールス祭りは楽しみ。


渋谷ネストで観たdry as dust。冬にオアシス。

ここのところ毎日ライブハウスに行ってる。
半分仕事で半分遊び。

昨日は渋谷のネスト。
百戦錬磨のベテラン勢の中で
北海道出身の若手オルタナバンド、dry as dust。
がんばっていた。

今度イベントによびたい。

Be Here Now ザ・マスタープラン


オアシスを最近聴きなおしている。
夏だと暑苦しいかもしれないけれど
冬だとこのトューマッチなギターサウンドも悪くない。

曲がいい。声もいい。
過小評価だったかもしれない。

ART-SCHOOLツアーファイナル。パンキッシュで前のめりなところが素晴らしい。

ART-SCHOOLという以前マネージャーをしていたバンドのツアーファイナル。
リキッドルーム。
完売。

新しい曲で盛り上がるのが素晴らしい。
結成8年。

ノスタルジックになる暇もなく
前のめりにパンキッシュ。

キュアー、ニルヴァーナ、レディオヘッド。。。
この流れを日本に持ち込んだ唯一のバンド。

ただただ嬉しい。

リアルタイムで聴き逃してたもの。ブラーの良さにびっくりした。もしかしたらオアシスもいけるかも。

最近リアルタイムで聴き逃してたものをiPodでよく聴いている。もともと好きだけど、なんとなく後回しになってたエルビスコステロ、スティーリーダン、ドナルドフェイゲン、ベック、プリンス、ピーターガブリエル、デビッドボウイなどなどだけではなくて、当時からあまり興味なかったブラー、スティング、ポールサイモンなんかも聴いてる。

なかでも一番びっくりしたのはブラー。

Parklife Modern Life Is Rubbish Leisure

ブラーのボーイズアンドガールズの軽薄な感じが、当時好きになれなかったんだけど、久し振りに聴くと悪くない。どころか、結構好きかもしれない。アルバムもまともに聴くのは初めてだけれど、まさかこんなに地味だとは思わなかった。ブラーよりもギタリストのグレアムコクソンのソロ。ブラーならアメリカンオルタナ風になった後期と思ってたけど、前期もいける。というか前期からすでにアメリカンオルタナ風。そしてなかなか趣味が良いことやってる。知らなかった。

もしかしたらオアシスも今聴けば、結構いけるのかもしれない。

iTunes。iPod。ブックオフ。ヤフーオークション。アマゾン。

今更ながらはまってる。

iTunes→iPodにはまってる。
CDで所有してる音楽の整理にとても便利。
何を持ってるかチェックしたらすぐわかるので
2度買いを避けることができる。

ブックオフにはまってる。
100円コーナー、250円コーナーや
レコファンのオールCD200円引きキャンペーンが楽しい。
メインストリームものの買い逃してたものが格安で手に入る。

ヤフーオークションにはまってる。
今更ながら初入札、そして初落札。
5,6年前から欲しかったALTECのスピーカ。
アナログ盤も安いものは安い。

アマゾンにはまってる。
本もCDもよく購入するようになった。
発売から一定期間たつと、突然安くなる。



いったい世間に何年遅れてるんだろう。

モーモールルギャバン。衝撃と笑撃。

高円寺のクラブライナーで
今、一番観たい日本のバンド、
というか京都のバンド、
モーモールルギャバンを観る。

出演していた他のバンドも言ってたけれど
衝撃と笑撃。
ユーモアのセンスとポップセンス。
ドラム・ヴォーカル+ベース+キーボード・ヴォーカルの三人組。
凄まじい演奏。

The Beta Band。絶妙なサイケデリック浮遊感。ハイラマズ。ゴーキーズ。

The Three E.P.'s ギデオン・ゲイ アン・イントロダクション・トゥ・ゴーキーズ・ザイコティック・マンキ

The Beta Bandを気持ちよく聴く。
ある時期のハイラマズやゴーキーズザイコティックマンキなんかと同様
向こうの世界にいける。いつの間にかいける。

絶妙なサイケデリック浮遊感。

ヘッドフォンで聴いてもかなりいける。
ヘッドファンだからなのか。

かなり絶妙なサイケデリック浮遊感。

これってこんなに良かったっけ?
いいものを見つけた。
The Beta Bandはかなり良い。

家のどこかから出てくるのを待つか。

安心感と安定感。大人のロック。

Us Pilgrim Ten Summoner's Tales KAMAKIRIAD<SHM-CD>

最近は90年くらい以降で買い逃してたり聞きのがしてたアルバムを格安で見つけては購入し聴いている。iPodとiTunesとレコファンとブックオフ効果。ピーターガブリエルとかスティングとかプリンスとかクラプトンとかZZ TOPとか。その時々の時代の空気を感じる新しいアーティストを優先して聴いてきたので、後回しになってきたアルバム。さすがに音色なんかは時代がかったりしてるけれど、どのアルバムを気持ちよく聴ける。大人のロック。

安心感と安定感がある。大人のロックもなかなかいい。そう思えるようになった。今更ながら。

ロックンロールエクスプロージョン。Baby Joe。音楽の力。

ロックンロールエクスプロージョン。
渋谷サイクロンでBaby Joeというバンドを観た。
おっさん心をくすぐるいなたいフレーズと
ジョンスペンサーブルースエクスプロージョン的な
ロックンロールエクスプロージョン。
はたして昨今の若者を心をつかめるか。

期待したい。
いいバンドだから。

そのライブのあと、
親しい同世代の3人のミュージシャンと忘年会。
ビートルズやローリングストーンズやボブディランのレコードを聴きながら
あーだこーだ。

こういうのって楽しい。
音楽の力。

Baby Joeのライブを渋谷サイクロンに観にいく。恵比寿ガーデンプレイスの絵に描いたような夜景。

今日は渋谷のサイクロンというライブハウスでBaby Joeというスリーピースロックバンドを観に行く。下北440で演ってるPianojacというユニットも観たいんだけどどうしようか。

恵比寿ガーデンプレイス081208_171811

ローリングストーンズの映画もフーの映画も観たい。ちょうど今渋谷でやってるから。

恵比寿夜景81208_171842

恵比寿ガーデンプレイスの夜は絵に描いたような夜景。

渋谷から恵比寿まで歩いてみる。なんだか日本じゃないみたいだ。

普段通らない道を歩くのは楽しい。気持ちの良い午後だったので渋谷駅から明治通りで恵比寿まで歩いてみる。渋谷も恵比寿も駅周辺は頻繁に歩くので見なれた風景だけど、その渋谷と恵比寿の間の風景はほとんど見ることのない風景なので新鮮。

恵比寿と渋谷の間

目的地の恵比寿ガーデンプレイスまで17分くらい。それほど遠くない。

恵比寿ガーデンプレイス

iPODでプリンス(なぜか最近良く聴く)を聴きながら歩いた。あらためて写真見ると、なんだか日本じゃないみたいだ。

伊坂幸太郎。信頼と勇気。

昨日からようやく伊坂幸太郎の新作「モダンタイムス」を読み始める。
彼の作品はほぼ全部読んでると思うんだけれど
いまだにつまらない作品がない大好きな作家。

10ページに1回は心にグッとくることばがあり
5ページに1回は痛快でストレートな著者の主張があり
1ページに1回は素敵なユーモアがある。

前作「ゴールデンスランバーズ」は「信頼」がテーマで
近作「モダンタイムス」は勇気がテーマ、というところか。
まだ5分の1くらいしか読んでないけれど
すでにじわじわと著者のことばが体にしみこんできてる。

青くて青い空。ポールウエスターバーグ。終わらないうた。

今日みたいな空を空というんだろう。
青くて青い。吸い込まれそうな青くて青い空。

空1 

朝からしんとして、空気もこの季節らしく、心地よくピリッとしていて。
だからこそこの季節になったことを感じる。

空2

初めてダウンロードで曲を購入した。
ポールウエスターバーグ。
世界で一番好きなロックの歌うたい。

全てが終わったあとの刹那をうたうのではなくて
全てが終わっても終わらない歌をうたう。

いつか生で観たい。
日本に来ないなら観に行こう。

高松高校の同窓会。ほぼ初恋のひととの再会。

今日はまいった。本当にまいった。

高松高校の忘年会、というか同窓会というか。
毎年してるみたいだけど、今年初めて参加。
ちょっとどきどきしたけれど、はじまってしまえば楽しい思い出話。。。

それだけではなかったんだ。
高校の同窓会なんだけど、小学生の頃、たぶん3年生か4年生のころ
同じクラスで好きだった女の子が参加していて。
それを途中から気付いて。

かなり甘酸っぱかった。
変わらず可愛く綺麗だった。
照れ隠しにちょっと大げさに騒いだけれど
あまり相手にされず、それもグッときた。

ドラマなんかでしか見たことないこういうこともあるんだな。

でもかわいかった。
大人になってちょっとやせてたけど。
素敵な女性になってた。
そのことが、どういうわけか、とても嬉しい。

下北沢は最近大好きになった。素敵な飲食店の多い街。

音楽業界で仕事をしていると、しかもバンド系の担当が多かったりすると、必然的に下北沢に行くことが多くなる。実際多い。しかも住んでるのが井の頭線沿線。近所のようなもの。

下北沢2

ただなぜか吉祥寺派としては、下北沢側、つまり渋谷側はビジネスゾーンなので心底はくつろげないという理由からか、大好きな街ではなかった。普通の好きな街だった。

下北沢3

ただ、ここ最近好きになってきた。遅すぎると思うけれど。良く知られてる通り、素敵なカフェはじめ、飲食店が多い。人気地区なので本当に良いお店だけが残っていく。

下北沢4

ちょっと路地にはいって、住宅地との境付近に歩を向けると、隠れ家的な、さらに素敵なお店がある。ほとんど入ったこともないけれど、外見だけでも素敵な店であることがわかる。

下北081203_202154

グルメではないから一軒一軒制覇していこうという気はないけれど、こういうお店がある下北沢は好きだ。最近、大好きになった。

信頼と習慣。まったく酷い音だ。

信頼と習慣が人間の特技らしい。
ちょっと前に伊坂幸太郎が言ってた。

iPODの音質に慣れてしまったのか。
数百円の安いCDを買ってiTUNESに取り込み
それをiPODに落とすのが快感。

便利は質に勝つ。
すべての音源を整理してこの中に入れてくれるんだから
やっぱり凄い。
一昔前なら考えられない。

ただ、時々気づいてるんだ。
こんな音で聴いてていいのか。
こんなんでいいのか。

まったく酷い音だ。

この世代以降はイギリスにもアメリカにも負けなくなったような気がする。ポリシックスとART-SCHOOL。良いに決まってる作品は後回しにする。

Come Graffiti Bridge


渋谷AXでポリシックスとART-SCHOOLのライブ。

ART-SCHOOLはいつもに増してパンキッシュなパフォーマンス。木下もいつもに増して興奮気味。テンション高い。ポリシックスはもはや貫禄。強靭かつ人懐っこいバンドサウンド。テクノ云々を超えたところでの素晴らしいロックバンド。この世代以降はイギリスにもアメリカにも負けなくなったような気がする、日本のロックも。

今日も空き時間についつい中古CD購入。渋谷のブックオフの250円コーナー。プリンスを何枚か。サインオブタイムス以降はちゃんと聴いてないような気がするので、この機会にまとめて聴いてみようと思い立つ。いいに決まってる。

良いに決まってるアーティストの作品は聴くのを後回しにしがち。コステロもそうだったし。

池袋のディスクユニオン。池袋のレコファン。下北沢のマザーズというエスニックカフェ。ART-SCHOOLとポリシックスの共演。

The Allman Brothers Band Idlewild South
今日は池袋。
またしてもディスクユニオンとレコファンと、そして、池袋に行くと必ず寄るだるまやについつい行ってしまう。

そしてまたしてもかなり購入。アナログ盤はオールマンブラザーズバンドのファーストとセカンドのオリジナル盤とグランドファンクレイルロードのオリジナル盤他。3000円以内だったので割と安め?

CDはビルエバンス61年ヴィレッジバンガードのコンプリート盤とかコステロとか(コステロの中古CDは安い。プリンスはもっと安い)アルクーパーとか。割引されてて安かったので。CDの中古は1000円以内、最近は格安もの(100から300円くらいの)ばかり狙ってる。

昨今の円高を考えると、輸入盤はもっと安くなってもいいと思うけれど、販売店も厳しい状況だから、ユーザーに還元というよりも利ざやをとるのだろう。アマゾンなどが市場に参入してきてから値下げ競争も、もうこれ以上ないくらい進んでしまったからか。

そして下北沢のマザーズというエスニックカフェに行く。洞窟の中のような面白い造りのお店。常連さんも多そう。入ったときオールマンブラザーズのライブ盤がかかってた。かなり好きになりそう。駅から251の方に下りて行き、右手の露地に入ったところ。下北沢は侮れない。素敵なカフェやバーなど、飲食店多い。今日だけでも、行きたくなるようなお店を多数発見。でもマザーズはよかった。また近々いこうと思う。

明日はポリシックスとART-SCHOOLを観に渋谷AX。僕がART-SCHOOLのマネージャーをしてた頃依頼の対バンだと思う。とても楽しみ。

chaqq。下北沢のディスクユニオンの100円セール。

Painted from Memory ラヴ・レヴォリューション

chaqqを観に下北沢に行く。

またしてもディスクユニオンへ。
今日はCD100円セール。
コステロ、スティング、プリンス、レニークラヴィッツ、シェリルクロウ購入。
7枚で700円プラス消費税。レンタル以下の価格。
どれもいいに決まってる作品ばかりなので聴くのが楽しみ。

ビッグネームのいいに決まってる作品は買うのはいつも後回し。
買う機会を逃してしまうといつも買いづらくなる。
そんなアルバムばかり一度に仕入れた。
気持ちいい。

そしてchaqq。
セカンドラインで数か月前に観てから
もう何回目になるだろうか。
彼らはライブははずさない。

下北沢のガレージはギターが爆音なのにもかかわらず
歌がしっかりと聴こえてくる。
昨夜もナイスPAだった。

舞台度胸と、そして何より前のめりな姿勢。精神。
これさえあれば勝っていける。
5年後に素晴らしいアルバムを創ってくれそうな気がする。




ライブイベント告知

ライブイベント企画することになったので告知してみます。

2009年1月16日(金)渋谷エッグマン
LIVE:KAREN(アチコ、木下理樹(ART-SCHOOL)、戸高賢史(ART-SCHOOL)、仲俣和宏(downy)、秋山隆彦(downy))、KELUN、RELOADED21FILM
DJ:栗原稔(NIRGILIS)、タシロック(JUICE)
open/start18:30 adv2,500yen+1drink

つながってそうで、つながっていなさそうで。
当日何か起こりそうな。
今の空気を感じながら明日の空気も感じる。

そういうのを目指しています。


下北沢ディスクユニオンのタイムサービス。キュアー、ルーリード、フレイミングリップス。

Berlin: Live at St. Ann's Warehouse クリスマス・オン・マーズ

下北沢のディスクユニオンでアナログ盤、
レコファンでCDをそれぞれ購入。

ディスクユニオンではタイムサービスで100円のものもあり、すぐさま100円ストーンズ、100円ヴァンモリソン、100円コステロ購入。100円以上の値段でJガイルズバンドのファーストなど。

安いものは本当に安い。

レコファンではフレイミングリップスの映画DVDプラスサントラ、ルーリード「ベルリンライブ」、キュアーの新譜購入。

キュアーはマニアックな方向や渋い方向やセンス良く見える方向に走らず、ポップでキャッチーで元気の良い、みんな待ってるキュアーサウンドで好感。全作で最もキャッチーかも。フレイミングリップスは昨今の現代版ソフトロック路線の延長線。ルーリードはまだ聴いてないけれど、映画は観てるので良いことは確認ずみ。

今日、以前よりチェックしてるchaqq(チャック)というスリーピースバンドを下北沢ガレージに観に行く。勢いのあるバンプと言う人もいるけれど、僕はネクストサザンだと、初めて見たとき感じた。

今日も下北。今日も楽しみ。

石橋英子×アチコ。ときめき☆ジャンボジャンボ。音楽の力。

新宿のモーションというライブハウスに
石橋英子×アチコを観にいく。
ピアノとヴォーカルの親密なセッションに息をのむ。
こういうひとの歌を歌と呼びたい。

さすがディスクユニオンのイベントだけあって
他の出演者も素晴らしい。

なかでも大阪の熱い熱いジャムバンド(と呼んでいいんだろうか)
ときめき☆ジャンボジャンボの高揚感。
こういう演奏を演奏と呼びたい。

日曜日の夜はなんとなくおしまいのイメージあるので
夕方でかけるのも少し気が引けたけれど
やはり行ってよかった。

音楽の力

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。