スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログ盤で聴くXTCのオレンジアンドレモンズ。

XTCの「オレンジアンドレモンズ」を久し振りに聴く。
常にベスト10級のアルバムなのに
CDがどこにいったか出てこなくてなかなか聴けなくて。

つい先日アナログ盤をディスクユニオンでみつけて購入。
アナログでは2枚組。

早速聴いてみる。

次から次へと飛び出してくる、圧倒的名曲。

そして
アナログだからなのか、うちのアルテックのスピーカーの特性なのかわからないけれど
中域が、それもちょうどベースの上のあたりの音がモッコリとこちら側にせり出してきて
それが気持ちよい。

とはいっても80的サウンド。
どうにかならないものか。
どんなに好きなアーティストでも
この独特の安っぽさをもった70年代後半から80年代の音色。

今の音か70年代前半くらいの音色でこのアルバムが聴けたら
どんなに幸せか。

スポンサーサイト

今日は割りとオールマンブラザーズバンド。ブルースホーンズビーとかサウスサイドジョニーとか。

今日は割りとオールマンブラザーズバンド。
2009年のライブを朝から聴く。

タイトで豪快。
ベテランバンドはベテランとよばれる頃になるとタイトになる。

ブルースホーンズビーとかサウスサイドジョニーとか
いかにもアメリカンな、そして日本では人気のない系統のゲストが楽しい。

ジャムセッションなんて今風に聴こえる。
今、こういうジャムセッションが今風なんだ。

面白い。

今日はずっとキンクス。一生聴き続けてくんだろう。

今日はずっとキンクスづけ。
それも普段あまり聴かない時期の聴かないアルバム中心。

まあレイデイヴィスがかいた曲をレイディヴィスがうたってたら
何も言うことない。

マッチョなヴォーカリストではなくても
ヴァンモリソンとかミックジャガーとかポールロジャースのようなタイプではなくても
強く伝えることはできる。
強く伝わってくる。

キンクスは一生聴き続けてくんだろう。
サムシングエルスだけではなく。

ローリングストーンズのライブ盤を片っぱしから聴いて過ごす。そういうことはもっともっと聴きこんでからいうようにしよう。

今日はローリングストーンズの各年代のライブを片っぱしから聴いてすごした。

ローリングストーンズは
この時代が好きだ、とか
この曲が好きだ、とか
やっぱりレットイットブリードが最高、とか
いやいや、メインストリートだ、とか
わかってない、60年代こそ最高、とか。

そういうことを語るにはまだまだ早すぎる。
新発見続出。
今まで俺はストーンズの何を聴いてたんだ。
ストーンズってこんなにいい曲ばかりだったんだ。
まだまだ聴き足りない。

そういうことはもっともっと聴きこんでからいうようにしよう。

複数のiPod。もうCDは聴かない。信頼と習慣。

iPodの160GB。
33000曲くらい。
もうすぐいっぱいになりそう。

仕事関係の知り合いで
Phish専用のiPodとかデッド専用のiPodとか
複数のiPodを持ち歩いてる人がいるけれど
自分もそうなりそうだ。

複数のiPodを管理する方法、使い分け方とか
いろいろやり方はあるんだろうけれど
とりあえずは購入しようか。

160GBのものって生産中止になってるらしい。
そろそろもっと大容量のiPodを安く出してほしい。

こんなにiPodを使うようになるとは思っていなかった。
デジタル音源に関しては、ヘッドフォンだけではなく
大きなスピーカで聴くときもiPodをつsないで聴いてる。
もうCDはほとんど聴かないようになった。

人の習慣というものは変わっていくものだ。
信頼と習慣は人間の特技なのか。

天使と悪魔。東京国際フォーラム。大御所ライブ。

天使と悪魔。
スペクタクルな映像とテンポの良い展開。
テーマ性もはっきりしているし、見逃した部分もありそうでまた観たくなる。
大画面。
国際フォーラムでの試写会。

そういえば国際フォーラム最近まったく行っていない。
一時期頻繁にライブを観にいっていた。
大御所ばかり。

ディラン、スプリングスティーン、ポールロジャース、ジェフベック。

どころか海外アーティストの単独公演は誰以来観てないのか思い出せない。

ソニックユースの新譜。エターナル。また同じように僕らは聴いてる。

ソニックユースの新譜。

挑発的なヴォーカル。
メタリックにザクザクしたギターフレーズ。

ここ数作はすべて素晴らしい。
アンダーグラウンドのローリングストーンズ。
期待通りのアルバム。
ざっくり言うと近作と同じ。
そういうアルバムをさらっと定期的にリリースするソニックユースのスタンスに好感。

また来年のこのくらいの時期にさらっと似たようなアルバムをリリースして
僕らはまた同じように聴いてるんだろう。




サマータイムブルース。自転車で会場に乗りつけていた。

サマータイムブルースが衝撃的。
原発反対ソングの替え歌。
レコード会社発禁。

横浜国立大学の学祭。
学生運動のような格好でアジテイト。

音楽業界にはいって同じライブイベントで一緒になったとき
自転車で会場に乗りつけていた。
楽屋ではあまりに腰が低く。。。


 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。