スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILCOとPHISHがいればそれだけで良いと思うことがある。

WILCOとPHISHがいればそれだけで良いと思うことがある。
iPodで何を聴こうか迷ったときなんかはいつもWILCOかPHISHのどちらか。
そしていつもどちらを聴いても心地よい快適な音楽に感じられる。

WILCOもPHISHも僕の感情の状況に応じて適度に丁寧に接してくれる。
時々刺激もあってドキッとすることもあるけれど、すぐさまフォローしてくれる。

なんど聴いてもすべてを把握でくきず
だからさらにもっともっと知りたくなる。
そして何度も繰り返しききたくなる。

だから極論すればWILCOとPHISHがいてくれればそれだけで良い。
だからもっともっとWILCOとPHISHの音源が聴きたい。

スポンサーサイト

そうそう、フレイミングリップスってこういうバンドだったんだよ。

そうそう、フレイミングリップスってこういうバンドだったんだ。

いかがわしくて怪しくて危険な突き放すようなガレージサウンド、そして深みにはまると抜け出せないサイケデリックサウンド。まるで60年代のアメリカの多くのバンドのように凄まじい負のエネルギー。

ここ最近の、といってももう10年以上も続けてる、ドリーミーでポップでカラフルでキュートで切ない路線も大好きなんだけど、なぜか大声で好きと言えなかったんだ。

そうそう、フレイミングリップスってこういうバンドだったんだよ。

漫画のような逆転サヨナラ満塁ホームラン。ブルーノートの日本盤。

野球の話。

漫画のような逆転満塁サヨナラホームラン。冗談半分にやばいかもっていってたら本当にそうなった。
岩熊、田中で連勝がマストなのは変わらず。こんなに熱中してるのは20数年前まで広島を応援してた以来のこと。高橋慶彦とか大野とか川口、北別府、津田、、、高橋以外ピッチャーばかりだ。。。

レコードの話。

ロックは日本盤は安っぽい感じがして購入することはないんだけど、ジャズは日本盤でもよしとしてる。ジャズは日本盤でも音も良いものが多いとか、盤質がきれいだとか、そういうこともあるかもしれないんだけど、特に強い理由はない。

ブルーノートの日本盤は1500円から2000円くらいまで。レアなものになるとさらに値が上がるけれど、通常はこのくらいの価格帯におさまる。その中でできる限りやすく購入するのが楽しくうれしい。

昨日はディスクユニオンの渋谷店でルードナルドソンとマイルスデイヴィスとジャッキーマクリーンとハンクモブレーのブルーノートの日本盤を、各1200円、しかも合計金額より10%オフで購入。盤質よりもジャケが悪いもののほうが価格が下がり安いようで、僕はジャケの底が抜けてたり、少し破れてたりとかあまり気にしないので、ありがたい。



高価なレコードを高価な価格で購入するよりも、たまたま手頃な価格で出てるのを購入することが、経済的な理由以上に、なんだか楽しいんだ。

下北沢は仕事柄よく行く。
その際時間がある限りレコード屋にも行く。

レコファン→フラッシュディスクランチ→ディスクユニオン
というレギュラーパターンが最も多いけど、時間に余裕があったりすると、さらに
ヴィニールストーリー、フィルモアレコードという趣味性の高いお店が加わる。

ヴィニールストーリーは貴重かつ高価なレコードが8割をしめるので、なかなか購入できないけれど、実はどうしても欲しいレコードがあって、でもそのレコードには値札がついていなくて、とんでもなく高価であることは間違いなく、なかなか手が出ないどころか、その価格さえ聞くことができずにいる。イギリス、アメリカのトラッド、フォークもの、シンガーソングライター系が強い。しかも状態のよいものがほとんど。

フィルモアレコードはおそらくサイケデリックロック関連は日本一の品ぞろえ。貴重な割には価格はそれほどでもないので、自分がサイケデリックなモードのときは良くのぞく。とはいえ、数万円以上の高価なレコードも多く、もちろん欲しいのだけど、それを眺めるだけでも楽しい。つい先日、所有してるレコードを誤って購入してしまったのだけど、翌日返品お願いに行くと、心良く応じてくれた。良心的なお店。

高価なレコードを高価な価格で購入するよりも、たまたま手頃な価格で出てるのを購入することが、経済的な理由以上に、なんだか楽しいんだ。心理的なものだと思うんだけど。

楽天の愚行

楽天の愚行。

試合後に大コールを浴びる監督が他にいるか?

毎試合後マスコミに積極的に登場して宣伝マンをかってでた監督が他にいたら教えてほしい。

ことあるごとにファンへの感謝を口にする彼に心動かされた他球団含め野球ファンは多いはず。

30年間広島ファンだった自分も心動かされた。

日本一野球を知ってる監督だと落合監督は言った。

どん底からはい上がってきた姿を僕らは知ってる。

楽天は胴上げをみて考えを変えてほしい。

日本の野球のために。

中山康樹と寺島靖国の本は面白い。ジャズ周期になるパターン。

中山康樹と寺島靖国のジャズの本は面白い。
中山康樹はロックの本も書いてるけれどそちらも面白い。
寺島靖国はオーディオまわりのことも書いてるけれどもちろん面白い。
ふたりとも書いてる内容に共感するというよりも
文章そのものが面白い。

面白い文章を読むとジャズを聴きたくなるんだ。

というわけでジャズを聴いてる。

久し振りに聴くと新たな発見。
いつものように。

所有してると思って所有していなかったアルバムを早速吉祥寺ユニオンで購入。
マイルスのラウンドアバウトミッドナイトはキャッチーかつ厳か。
ジャズ臭さもちょうどよくて、早くもかなり好きなアルバムになった。

ルードナルドソンはそれほど好きなアルト奏者ではなかったんだけど
ブルーノートのどのアルバムも音色が良くて大好きになってしまった。

のように、なんとなく本を手に取り活字を目で追い
そうこうしてるうちに、その本にかかれてる音が欲しくなり
アルバムをプレーヤーに載せる、というこのパターン。
このパターンがロックを良く聴く周期からジャズの周期に変わる最も多いパターンかも。

ホワイトアルバムをバラバラなアルバムだと信じ続けること。

Here Comes The Sun!
台風が行った後のこの天気。
かなり気持ちよい。
今日はいいイベントになりそうだ。

そうそう
Here Comes The Sunは20数年前は
ビートルズ好きな曲のベスト10には入ってた。
今は入らないような気がするけれど。
あまりアビーロードも聴かないし。

そうそう
最近の日本でのビートルズ人気曲アンケートでベスト10にジョージの曲が2曲入っていてびっくり。
こんなの日本だけではないのか。
日本人はスーパースターより2番手3番手を好む。
キースも人気だし。

好きな曲をさらっとならべると
ヘルプ
ハードデイズナイト
ユーウオントシーミー
ストロベリーフィールズ
アクロスザユニバース
ウオルラス
ハピネスイズアウオームガン
というよりもホワイトアルバムのこのあたりの並びが素晴らしい。

そうそう
サージェントよりホワイトのほうが流れがスムーズで気持ちよい。
音楽的には幅広いけれど音色的になぜか統一感もあるし
コンセプトアルバムっぽい。

誰だ、ホワイトをバラバラなアルバムだと言ったのは。
それを信じ続けたのは。

生まれて初めてレコードをABC順に整理する。アナログは信用できる。仕事関係のこともためしに書いてみる。

生まれてはじめて所有するレコードをABC順+ジャンル順に並べた。

効用。

何を所有していて何を所有していなかが分かる。
確かめることも出来る。

何度も買おうと思って、
何らかの理由で躊躇して買ってないものは
持ってるような気がしていて、ずっと買わないまま。

買ってもほとんど聴いてないものは
まったく印象に残ってないから
持っていないと勘違いして同じものを購入してしまう。

整理していて同じアルバムを何枚も所有している(してしまってる)
ことに気付いて唖然とする。

すぐに聴きたいレコードが探し出せるのが
心地よい。
本当に。

CDはまったく整理していない。
CDケースにすら入っていない
生のCDが積みあがったりしている。

iPod一台壊れたかも。
動かない。

やはりアナログは信用できる。

ブログでは極力仕事関係のことは書かないんだけど
ためしに書いてみる。
明日イベントだし。

"BABY BLUES vol.5"
10月8日(木)渋谷LUSH
open/start 18:30
ticket 前売2,000円
ローソンチケット(L-CODE L-72458)
LUSH店頭にて発売中

【出演】
いいくぼさおり
日本松ひとみ
CAcchu *岩田アッチュ(NIRGILIS),坂井"キャンディ"昌英(the ARROWS)
花乃ルサカ
yumeiroecho
AM *新井祐樹(Vo,元ala),益子平(G)
DJ TAKAHIROID(タートルズ)

INFO LUSH 03-5467-3071
http://www.toos.co.jp/lush/

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。