スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボブディランの自分だけの名曲。

ボブディランの曲のWhen The Night Comes Falling From The Skyの曲が好きで何度も何度も繰り返し聴きたくなってしまう。名曲なのに発売されたタイミングとかもろもろの理由で地味な位置にいる曲だと思う。

ブートレグシリーズに収録されたブルーススプリングステーンのEストリートバンドと録音したヴァージョンも良いし、トムペティ&ハートブレイカーズとのライブも素晴らしい。ブートレグシリーズ収録ヴァージョンのギターソロはスプリングスティーンじゃないのか。音がそんな感じ。

ボブディランの自分だけの名曲。
スポンサーサイト

ボブディランが止まらなくなった。今日はアナログで「New Morning」を聴く。渋谷屋根裏できのこ帝国。

ボブディランが止まらなくなった。
ずっと聴いてる。
ずっとずっと聴いてる。

今日はアナログで「New Morning」を聴く。
音が良い。
もしかしてボブディランのアルバムで最も音が良いアルバムなのでは。

ボブディランは1965年の時点で
すでにパンクもラップもグランジもやってたんだ。
そんな当たり前のことにいまさらながら気づく。

70歳になろうとしてるのに
特別なことでもなく普通のことのように日々特別なライブをする。
解散、再結成を繰り返し、10周年、20周年で大げさに言ってる場合ではない。
解散も再結成も10周年くらいで祝うこともなく
日々ライブを続けるボブディランには誰もかなわない。

ボブディランを聴くということ。

この1カ月くらいの音楽聴く時間の半分以上はボブディラン聴いてる。
こんなのは初めて。
ディランはなかなか飽きないということがわかった。
そういうことわかるのが遅すぎるんだ。

みうらじゅんさんは
自分の年齢と同じ頃のボブディランを聴くと良いというので
80年前後のアルバムを特に良く聴く。
いわゆるキリスト教3部作とインフィディル。

そう言えばインフィディルは
初めて聴いたディランのアルバムのような気がする。

香川県高松市の貸しレコード屋(当時そう呼ばれてた)
で、なぜかボブディランを聴いてみたくなり
その当時の最新作だったインフィディルを借りる。

当然良く分からない。
だけど、ただならぬ雰囲気を感じ取る。
繰り返し聴く。
なんだかメロディアスになってくる。
さらにどんどん聴く。
かっこよさがわかってくる。
さらにさらにどんどんどんどん聴く。
深さがわかってくる。。。

ボブディランを聴くということは
こういうことなんだ。

久々に真空管アンプへの物欲が目覚める。C20とMC240が欲しい。

The Ma'amのライブを観に浅草橋の新しいライブハウス、ブンガジャンに行ったんだけど
そこで再会したある編集部の方、オーディオ関係の方々より
強く真空管アンプを奨められる。

音が太いらしい。
というよりタマのアンプを聴いたあと
タマじゃないアンプを聴くと音が細く聴こえるらしい。

当たり前か。

スピーカーがALTECのmodel19という70年代の古いものなので
なおさらマッキントッシュの真空管が似合うらしい。

久々に真空管アンプへの物欲が目覚める。
C20とMC240が欲しい。

ジョンフォガティ。アンコール。スージーQは60年代サイケデリックロックを代表する演奏だと思う。

ジョンフォガティが来日するらしい。
フジロック。
良い演奏なのは決まっている。
オーディエンスの反応が想像しにくい。

いや。、ものすごい盛り上がりになるんだろう。
そんな曲しかないし。

CCRと言えばアンコールを演らないことで有名。
本編でやりつくすことが当然で
予定調和的アンコールを嫌ったのだろう。
あまり思われてないけれど
かなり精神的にもロックなアーティスト。

CCRのスージーQは60年代サイケデリックロックを代表する演奏だと思う。
あまりそう思われていないけれど。

 | HOME | 

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。