スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心地良い吉祥寺の心地良いレコード店、ココナッツディスク。

中古レコード屋にでも行こうかなと思い吉祥寺に出かけた。出かけたと言っても電車で10分、散歩がてら歩いても行ける。感覚としては散歩に近いかもしれない。

吉祥寺という街は人出も規模もちょうど良くて、賑やかなところもあるし静かな落ちつけるところもあり、井の頭公園も隣接していてとても居心地がいい。ディスクユニオンも老舗の中古レコード屋もタワーレコードもブックオフも老舗の古本屋(ここはほとんどいかないけど)もある。パルコもあるし雑貨屋さんもあるしおしゃれなカフェやバーも多い。でもひとりで出かける時はほとんどディスクユニオンと数店のレコード店だけで終わってしまうけど。

というわけで週一回か少なくとも2週間に一回くらいは吉祥寺に出かける。

吉祥寺に来たら必ずディスクユニオンには行くのだが、5回に3回くらいはちょっと5分くらい歩いてココナッツディスクというレコード店にもいく。

ココナッツディスクは吉祥寺の駅から井の頭通りに出て三鷹方面に5分弱くらいのところにある。大きな窓から陽射しが差し込む明るい店内はパスタの美味しいおしゃれなカフェを想わせる。看板やフライヤーなどに使われている黄色と緑のオシャレなデザインもソフトロックやメロウグルーヴ系の音楽が聴こえてきそうなのだが、店内ではそのとおりの心地良い音楽が心地良い音量で流れている。

品が良くて感じのいい店長さんがきっと一枚一枚吟味してつけたであろう価格は1000円~2000円代前半が中心でリーズナブル。そしてとても適正な価格に思える。5桁のプレミアを付けても良さそうなものもせいぜい5000円くらいで押さえられている。丁寧に書かれた手書きのコメントも豊富な知識と音楽への愛情と人柄がにじみ出ており、音楽雑誌などより信頼できることは言うまでも無い。ロック、ジャズ、ブルースなどのジャンル分けも細かく、丁寧に、そして適格に陳列されていてとても選びやすい。とにかく全ての面で感じのいい、そして心地良いレコード店。

他にも吉祥寺にはレコード店に限らず素敵な場所が豊富。少しずつ書き留めていこうと思う。

COCONUTS DISK

ココナッツレコード2


ココナッツレコード

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/111-dd1d37c3

-

管理人の承認後に表示されます

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。