スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neil Young

Living with War
"Living With War" (2006)

ニールヤングはすぐに出したかったんだと思う。
思ったことをすぐに発信したかったんだと思う。
すぐに出すことが重要だったんだと思う。
曲が出来たばかりの初々しい輝きを損なうことなく
出来る限りそのままの状態で出したかったんだと思う。

シンプルでストレートで明解なメッセージをもった
シンプルでストレートで明解な曲を
シンプルにストレートに明解に演奏したものを
殆ど手を加えずそのままの状態で記録したアルバム。
だからここでは凝ったアレンジや
リハーサルを重ねた後のこなれた演奏や
長尺のジャムセッションがないばかりか
ギターソロすらない。
ドラム、ベース、ギターのベーシックトラックに
コーラス隊やトランペットを加えるのみ。
音のバランスをいくらか調整する程度の
必要最小限のスタジオ作業。
レンジを広げることも奥行きを作りだすこともなく
レコーディングブースの中で演奏されてる音を
ただただ忠実に記録するだけでよかったんだと思う。
アートワークも
写真やデザインや凝った作りなど必要なわけがなく
ただ伝えたいことばをのせるだけで良かったんだと思う。

アコースティックギター1本で
その時感じたことをそのまま歌うのと同じような感覚で
エレクトリックロックバンドで演奏することを
”メタルフォークプロテスト”と呼んだんだと思う。

そしてこういう音楽のことをロックと呼びたいと思う。
スポンサーサイト

Comment

[88] TBありがとございます。

こちらもTBさせて頂きました。
好きなものがだいぶ重なっていると思います。また遊びに来ますね。

ニールのあの熱さはどこから来るのでしょうね。CSN&Yのヨーロッパツアー後、日本にも来ることは期待しましょう。

[89] m2 さんはじめまして!

CSN&Y日本にも来て欲しいですね!
CSN&Yとしてはまだ来日してないですもんね。またm2 さんのところにもおじゃまさせていただきますね!

[91] 同感!

まさに、的を射た表現!エレギでフォーク・スピリッツというのが、メタルフォークなのだろうな、と漠然と思っていました。同じ感想で、とても嬉しいです。
メタルフォークプロテスト=ロック、なるほど、ロックの初心を突きつけられた気がします。

[93] エレギでフォークスピリッツ!

この言葉に全てが集約されてますね。さすがウヌニコさん!これからは他のひとにどんなアルバムだったか伝える時”エレギでフォークスピリッツ”と言うことにします!というかこれでいきましょう!ニールヤングファンのみなさん!

[96] う~ん、、、、、、、

欲しくなってきた(笑)。

[97] falsoさんにそんなふうに言われると

嬉しいです。
ただ単純に自分が感銘を受けた作品に興味をもってもらうことって嬉しいですね。このアルバムは二ールヤングがすぐに聴かせたかったと思われるので(勝手に思ってるので)聴くのであればすぐ聴くことをお薦めします(笑)。

[244]

コメント&トラックバックありがとうございました。
この記事、まったく同感です。
いつも思うのですが、周りの人達はたいへんでしょうけどね。(笑)
改めて、よろしくお願いします。

[247] piouhgdさんこんにちは!

確かに周りの人は大変ですね(笑)。よく対応できてますよね。二ールヤングに対する愛がなければできないでしよう(笑)。piouhgdさんのところのブログは興味深い記事が多いのでよく覗かせてもらってます。またおじゃましますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/170-5fd34674

推進力

Neil YoungLiving With War前作"Prairie Wind"から1年と経たない内に突然リリースされた感のあるニュー・アルバム。当初リリース予定だった映画"Heart Of Gold"のサントラのリリースを中止させ、無理矢理ねじ

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。