スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vanilla Fudge "Vanilla Fudge"

Vanilla Fudge
"Vanilla Fudge" (1967)

幻想的で野性的なアシッドサイケデリックシンフォニー。
"Ticket To Ride"
"People Get Ready"
"You Keep Me Hanging On"
"Eleanor Rigby"
などの有名曲の情緒的な部分を
サイケデリックにシンフォニッックにシュールに拡大解釈。
攻撃的なドラムが自由度の高いベースが
激情の塊のようなハモンドが
サイケデリックなフレーズが次から次へと溢れだすギターが
それぞれ巨大なエネルギーをもち
アシッドテイストと憂いが溢れ出すヴォーカルとともに
お互いを挑発しながらゆったりとした
そして渾沌とした波の中で昇りつめていく。
詩的な情緒と原始的なエネルギー。
全てが幻の中の出来事のような非現実感。
シュールな感覚。幻想的な夢の中にいる感覚。
サイケデリックロック。アシッドロック。
後にプログレッシヴロックと呼ばれる種の音楽の原点。
スポンサーサイト

Comment

[111] ヴァニラファッジ

あ、これ、持ってます。
15,6年前にややはまりました。
うむ、シンフォニー。水戸黄門風のドラムが印象的でした(笑)。

[116] 水戸黄門風ドラム!

面白くて笑うべきところなのでしょうけど水戸黄門風というのがよくわかりません。ごめんなさい。15、6年前にややはまりですか。ということは90年頃ですね。世間的には何も起こってないはずなのでウヌニコさんに個人的何かが起こったんですね。そういえば2000年前後?に一度来日してるんですよね。観たかったです。

[120]

この記事は疾走感があって素敵です。
>サイケデリックロック。アシッドロック。
後にプログレッシヴロックと呼ばれる種の音楽の原点。
ここが、凄いと思いました。なかなか、解っていても言い切れないです。というか、プログレすきだったら、サイケアシッドに行かなきゃうそだろって、いつも思ってるんで、すかっとしました。

[121] evergreen さんこんばんは!

誉めてもらえて嬉しいです!本当はもっとスカッとするようなことをいくらでも言いたいけどなんかある種の方々への批判的な記事のように誤解されると嫌だなと思って無意識のうちに歯止めをきかせているかもしれません。でもevergreenさんの言う意味もすごくよく解かります。そして同じようなことをいつも思ってると思います。

ちょっと話はそれますが今この記事読み返してみるとそれこそ日本で言うところの”プログレ”っぽいイメージを受けるかもしれませんが、ヴァニラファッジはもっと胡散臭くて怪し気で未完成で自由な雰囲気があります。”プログレ”のことや”ジャンル”についてのことをまた別の機会に書いてみたくなりました。

[122] こんばんは。

ウヌニコさんのおっしゃる水戸黄門風ドラムはキープ・ミー・ハンギン・オンのイントロ部分と思います。

さて、学生時代に友人達とこのアルバムにはまってました。
テイク・ミー・フォー・ア・リトル・ホワイルが好きです。

オルガンが凄いなあと思いました。

[123] なるほど!解りました!

確かに水戸黄門のテーマ曲のイントロとリズムパターンが同じですね!まぁ”!”をつけるようなことじゃないかもしれませんが。。。「テイクミーフォーアリトルホワイル」も大好きでしたよ。グッときますよね。オルガン凄まじいですね!もうこの時代に”ノイズ”的な使い方してるところがすでにあったりとか。時代がそうさせたんでしょうか。爆発的で攻撃的だけど血が通ってる感じがとてもします。それから学生時代にこういう音楽を一緒に聴くような友人がいたとはとてもうらやましいです。

[124] 解って頂けましたか~

ヴァニラファッジの中では「キープミー~」だけ、バンドスコア(日本)が出ています。あれを書き起こした人はエライと思います。随分と骨を折られたことでしょう。一小節に音符が多過ぎて、逆にその通りにドラムを叩こうとすると「水戸黄門」になってしまうのですよ。楽譜に従うのか、耳に従うのか、悩んだものです。メンバーにどうしてもこれがやりたいという人がいて、それで当時、ややはまった(というかコピるために聴き過ぎた)というわけです。

[127] ウヌニコさんにはそんな歴史があったんですね!

いやいや素敵ですね!ドラムされてたんですか。「キープミー~」を譜面に起こした方は確かに偉い!日本のロックに少なからず貢献してますね!なんかリハーサルスタジオでの様子が目に浮ぶようでなんだか楽しそうですね。どんな演奏になったのかとても気になります。
あと話しは全然違うんですけどニコライさんにもここに来ていただくよう何卒よろしくお伝えください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/177-fe9c94bb

紙一重? VANILLA FUDGE ”Keep Me Hanging On"

Vanilla Fudge”Keep Me Hanging On"1967年この間から、キーボードに着目し、AARDVARKのハモンド爆狂なんてのを書いたばっかしなんですが、キーボードのすさまじさは、このバンドも負けていません。何しろ、オルガンがごぉ=========地響きがします。4人がハ

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。