スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアの変化とロック。

アナログからCDへのメディアの移り変わりを体験した時、それはアナログよりもCDのほうが全ての面で優れていてパーフェクトなメディアだと信じて疑わなかった。なにせアナログ盤特有の傷によるプチプチノイズに神経をすり減らすことからも、静電気によるバチバチバチに気をめいらせることからも解放されたと思いとても気が楽になった。だからCD出始めのころのマスターテープのコピーのコピーのそのまたコピーしたような音自体の悪さにも気づかなかった。そのくらいCDは信じられないくらい扱いやすくてしかも音もずっと変わらない良さを半永久的に保ってくれてると思っていた。

今はどうか。CDの音とアナログの音の違いがようやく冷静に受け止めることができるようになり、特にアナログ時代にリリースされたものはやはりアナログレコードの方が音が良いと思えるようになった。そして今やダウンロードの時代。SACDの時代もDVD時代もなくてダウンロード。アナログからCDへの変化同様、時代は音の良さよりも便利さを求めたことになる。そしてアルバム単位から楽曲単位への移行。60年代以降アルバムという単位にこだわり続けたロックは今後どのようになっていくのだろうか。メディアの移り変わりよりその音楽そのものの変化の方が気になる。
スポンサーサイト

Comment

[204] 手軽さでCDを選びました。

こんにちわ。
他の人よりもアナログからCDに替えだしたのは遅い方だと思いますが、それでもCDの音は随分悪かったです。

それでもCDにしたのは価格がこなれてきた事と入手がし易かった事。そして、何よりも場所をとらずに扱いも簡単だった事でした。
全く音質なんて関係の無い理由でCDにしましたが、メディアって20年もするとコロッと変わるんですよね。CDも段々古いタイプのメディアになりだしているみたいだし・・・ついていけるかなぁ。

[207] レコードは全部売りましたが

こんばんは。
私は5年前にレコードプレイヤーと共にレコードを全て売りました。その分スペースが出来て喜んでましたが、CDの録音は薄っぺらで、レコードのような重厚感が全くありませんよね。

ダウンロードして好きな曲だけ選んで聴くというのも決して悪くはないと思うのですが、楽曲至上主義というのは、アーティストの側からするとどうなんだろう?と思ったりです。
とりあえず私のブログは、アルバム単位(時にシングル)でこれまで通り書いていくつもりでーす!

[208]

こんばんは!当然アナログ派です。
ユックリ立ち上がって、ユックリ終る音が好きです。
バンと始まってバンと終っちゃう感じがしますよね!デジタルは。

[210] こんにちわ!

ドーナッツ型のレコードって、すんごい憧れです!!でも、はまっちゃうと、お金がいくらあっても足りなくなっちゃうそうですね。笑
「アナログ」というものに、ほとんど触れたことはない私ですが;、CDとアナログ、おんなじ音楽でも、違って聞こえるって、分かる気がします。

>時代は音の良さよりも便利さを求めたことになる。

周知の事実でしょうが、アメリカでのアイポッドの人気というか、普及率は、本当にありえないです;;多分、日本ほど、これまでMDや、ポータブルCDプレーヤーが発達していなかったから、なおさらだったんでしょうが、同級生の90%はアイポッドミニか、ナノを持ってますし、大人にも十分シェアを伸ばしています。

学生はアイポッドでなにをするかっていうと、持ってる音楽を見せ合うわけです。「君のアイポッド、チェックさせて~」という感じで。笑

ショッピングモールにある、アイポッド関連のお店は、価格が高い・安いかまわず、老若男女でにぎわってます。ダウンロードで全てを済ませて、本当に、「便利さ」とある意味においての「聴きやすさ」が重視された結果ですよね。これで本物の音楽がつぶされてしまうという心配はないですが、なんか、私は嫌ですね。。。

>音楽そのものの変化の方が気になる。

はっとさせられました。
たしかに、アルバムって、ひとつの作品だとおもって聴けるから、いいんですよね。それがダウンロード用にということで、アルバムのクオリティーとかまで影響を及ぼしていったら。。。って考えると怖いです><

[211] falso さん、パイクマン さん、evergreen さんこんにちは!

なんだかCDの音って人気ないんですね。こんなに人気ないとは思いませんでした(笑)。それから記事に書きそびれましたがビートルズ。CDの音悪すぎ。ROCKで一番人気のあるアーティストのCDがこんなに音悪くていいんでしょうか…
>falsoさんへ
CD出始めの頃って音悪かったですね(笑)。初めて買ったCDはストーンズの「リワインド」とクラプトンの「オーシャンブールヴァード」だったんですけど…当時の”旧譜”は特に音悪いですね(笑)。あ、でも当時の新譜でダイアーストレイツは音凄くいいなって思った記憶はあります。アナログでも良かったんでしょうけど。CDはなくなるといわれてもう5,6年は経ってるような気がするのでまだしばらくは続くんではないでしょうか。
>パイクマンさんへ
アナログレコードもプレイヤーも売ってしまったんですか…。まぁ特にアナログはスペースの問題が大きいですからね。僕は13年くらい前、丸の内線の中野新橋という所に住んでまして、神田川の氾濫というのがありまして、床上浸水にあってしまいました。床上1メートルです。その時ほとんどのアナログ盤とオーディオ関係駄目になってしまいました。オーディオはまあしょうがないにしてもアナログは…悲しかったです…。ようやく3年くらい前に中古でアナログプレイヤーを手に入れて少しづつアナログレコード買い直してるところなんです。ロックにとってアルバム単位というのはそう簡単には崩れないでしょうね。旧譜が強いですからね。悲しいことに(?)。ただCDのシングル盤がなくなってダウンロードがシングル的扱いになっていくかもしれないですね。
>evergreenさんへ
エバグリ姐さんもやはりアナログ派でしたか。そうだろうなとは思ってました(笑)。そのユックリ立ち上がるのが人間くさくていいですよね。それにアナログの方が耳に優しい(音自体が優しいという意味ではなく)というか長い時間聴いていても疲れないんですよね。ある程度大きめの音で聴いたとしても。CDは耳が疲れやすいような気がします。

[212] 透明少女さんこんにちは!

いやー興味深い報告ありがとうございます!まさか日本よりアイポッドが普及してたとは…でもアメリカの会社だから当然といえば当然かな(笑)。でも想像しにくいです。CD普及が日本より遅くてMDもほとんど普及しなかったアメリカでアイポッド。日本でいう一昔前の携帯電話の情況と似てるんでしょうか…。
ただ僕はそんなに音楽そのものの質には懸念はないんです。たとえアルバムというフォーマットがなくなったとしても、シングル主体の時代でもいい音楽はいっぱいあったわけで。それこそドーナツ盤が主体の時代なんか。透明少女さんの好きなアーティストってアナログにこだわってる人が多いし、一度聴いてみるのもいいかもしれませんよ。アメリカでのアナログ盤事情も知りたかったりします(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/195-081ac37b

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。