スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古アナログレコードの楽しみ。下北沢のフラッシュディスクランチ。

下北沢に行ったらほぼフラッシュディスクランチという中古アナログ専門店に行く。ここで購入したアナログレコードはたぶん家にあるレコードの3割くらいになるかもしれない。このフラッシュディスクランチでは常に大音量でアナログレコードがかかっている。もう傷とかノイズとかおかまいなしで元気よく鳴っている。店内の中古レコードもほぼアメリカ盤でジャケットとかに書き込みがあったりよごれてたり、なんかアメリカンで適当な感じがとてもいい。まるでアメリカの中古屋みたいな雰囲気。アメリカの中古屋に行ったことないけど。店長さんも気さくでアメリカンな感じでとてもいい。今日も「明日アメリカから大量に届くからよろしく」なんて声かけられた。
このお店には名物の3枚2000円コーナーと3枚1000円コーナーがある。その両コーナーとも他店よりも好みのものがそろっている。まず殆ど全てアメリカ盤。中古のアナログに関しては、日本盤は、なんか、こう、安っぽく感じてしまう。所有者が日本人で几帳面だから盤質やジャケットはいいものが多いのだけど、なんかやっぱり偽物感(?)が強い。こういう安売りコーナーでは思い入れの強いものを購入することは少なく(思い入れの強いものはジャケットの状態や盤質やオリジナル盤かどうかとかちょっとだけ気にしてしまう。)、CDでは持ってるけどアナログで聴いてみたいと思うもの、今まで気になってはいたけど聴いたことのないもの、有名だけど聴いたことのないもの、ジャケットが気になったもの、とか、あまり深く考えずエサ箱から引き抜く。何を買うか決めていくよりこういうのが楽しい。失敗したとしても600円ちょっと。3枚1000円コーナーなら300円ちょっと。レンタルとあまりかわらない値段。

今日はラブ、ビリージョエルの52番街、スイートベイビージェームス、オールマンブラザーズバンドの後期のもの、ドアーズのライブ盤、ビーチボーイズのライトアルバム、ストーンズのスティルライフなどまとめ買い。ものずごくバラバラ。こういう買い方が楽しい。たまたま有名なのばかりだけど珍しいものもたまに混ざってあって、それを安く買えた時の快感がたまらない。聴いてるつもりの再発見なんかもあるし。未知のジャンルのものにも気軽に手が出せる。

この店に行くと、昔どうしてあんなにレコードの傷とかジャケットの汚れなんか気にしてたんだろうって思う。10代の頃なんかは特に、買ってきた新品のレコードに最初からノイズが入っていたりするとかなりショック。ジャケなんかも汗かいた手で触ることもためらわれた。今から考えると異常。大切なのは中に入ってる音楽そのものなのに。その反動からか今ではほとんどそういうものが気にならない。ノイズが入っていても頭の中で除去して聴ける。それができるようになるとアナログ盤を聴くことが本当に楽しくなる。
スポンサーサイト

Comment

[267] こんばんは

わたしなんか・・・
じりじり、ぶつぶつ、じゃりんじゃりん、これが好きですが。。。
あと、アメリカ盤中古だと、ずっこ~んって、まん丸のあながあいていたりしますよね♪~

[268]

はじめまして。僕レコード聞けないんですけど…日記をよんだらなんかそのレコード屋さん行きたくなってしまいました!

[269]

こんにちは。アナログ、デジタルという違いをほとんど意識しないんですが、でもおっしゃるようにレコには、物理的にもそうですが、その時の思いが刻まれるような気もしますね。特にCDにはない裏返すと言う作業もそれに一役買ってると思います。素敵なレコード屋さんですね。今度行ってみます。

[270] evergreenさん、キシラさん、goglemanさんこんにちは!

>evergreenさんへ
そうか姐さんもアナログ盤のノイズ好きですか。30歳を越えたころになってようやく好きになりました。ジャケに空いてる穴のことですね(笑)。穴だったり切れ目だったり(笑)。日本では考えられないですよね。それも若いころは気になってましたが今はほぼ気にならないです(笑)。
>キシラさんへ
はじめまして!キシラさんのブログにも時々おじゃましてましたよ。フラッシュディスクランチはCDは一枚も置いてないですけど大音量でノイズ交じりの音楽が聴けます(笑)。
>goglemanさんへ
デジタルとアナログの違いを再度(メディアの入れ替わりの時代以来)意識したのは数年前です。きっかけになったのはビートルズで、現行CDの音の貧弱さに遅ればせながら気づいたことと、デジタルは長時間聴いてると耳が疲れるんですよね。確かにアナログは裏返したり、それに針を落としたりする儀式も好きです。もちろん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/206-c943cbdf

ギターチューニングサポーター

トレモロアームを使用して派手なアーミングを決めるっていうのはギターソロをかっこよく盛り上げるための必需品ともいえるんだけどトレモロアームの構造上チューニングの狂いを防ぐことは、難しかった。音楽教育を受けてきたギタリストの場合は、狂ったなと感じたらステージ

限定アナログ盤ウイングスパン/UK盤

CDと違って、生々しい音で満足です。CDもいいけど、ゆっくり聴くならアナログですね。・・タワーレコード・これからロック(洋楽)を聴こうと思いの方へ・洋楽ファンこそ、YAZAWAを聴こう!!THE LIVE HOUSE ROOOTS @ Zepp Tokyo・レコード業界の声明・レコード

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。