スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅する時はジョンレノンの「ノウバディラヴズユー」。

夜中に帰宅する時はジョンレノンの「ノウバディラブズユー」を頭に思い浮かべて、時にはハミング、時には口笛、時には口ずさみ、というパターンが多い。しかもこの曲はもともとイントロに口笛が入ってるから丁度いい。日が出てる時の歩きのテーマがクリームの「サンシャインオブユアラブ」とエリッククラプトンの「コカイン」、日が暮れてからは「ノウバディラヴズユー」ということになるのだろうか。今日一日のことを思い出してちょっと反省してみたり、ちょっと優しくなってみたり、ノスタルジックに浸ってみたり。そんな風に久我山の駅から自宅までの10分間を歩いてる。これまたもう10年以上の習慣と化している。不思議なものだ。ただ、ジョンレノンのこの曲に関しては、かれこれ20年(!)近く僕の中でジョンレノンの好きな曲ランキングのトップを走り続けている。
Walls and Bridges Menlove Ave.
この曲に特別な思い入れを持つようになったのは1974年リリースのアルバム「ウオールズアンドブリッジズ」の中で聴いた時ではなく、死後にリリースされたアウトテイク集「メンローヴアヴェニュー」を聴いてからのこと。「メンローヴアヴェニュー」はアルバム前半がアルバム「ロックンロール」時のアウトテイクで、後半が「ウオールズアンドブリッジズ」のアウトテイク。このアルバム後半が、当時、もう、衝撃だった。「ウオールズアンドブリッジズ」はホーンセクションやストリングスやスタジオギミックが存分に施された厚化粧だとすると、「メンローヴアヴェニュー」はまさに素っピン状態。スタジオ一発録りに近い感じ。音の響きもとてもナチュラルで生っぽい。それだけに楽曲の本質が浮び上がる。ジョンレノンの声に妙な加工など必要なくて、生に近ければ近いほどいいに決まっている。せつなさが違う。感情の噴出度が明らかに違う。だからこれを聴いていっぱつでやられてしまった。そして心の奥の奥まで染み込んでいった結果、こうなったのだろうと思う。

この曲ともこれから長い付き合いになりそうだ。
スポンサーサイト

Comment

[295] タイトルが、、、悲し。

こういう愛する自分だけの1曲があるのは実に羨ましいことです。私は影響されやすいので、その時々で自分のテーマ曲(?)は変わります。
去年はすっかりTrace Adkinsにやられてしまい「Honky Tonk Badonkadonk」を伴奏に、お尻フリフリでしたよ。。。全然Badonkadonkじゃないのにねぇ。(;>_<;)/))バタバタ。テーマ曲、変えよー。今年はAdikns「Swing」か?Swing better better...(進歩がない・・・)

[296] こころに直結

ワタクシのblogへのコメントありがとうございました。まぢ、嬉しかったです!

ワタクシの場合・・・
軽快に歩いてるとき⇒Starting Over
息子のこと考えてるとき⇒Beautiful Boy
ドンづまったとき⇒God

Paul McCartneyのファンからスタートでしたが、気が付くと『感情に直結して自然と流れてくる』はJohn Lennonです。
Johnの凄さがやっと分かってきた気がしています。

[297] ウヌニコさん、ヒデユキさんこんにちは!

>ウヌニコさんへ
アドキンスでお尻フリフリ、そしてスウィングスウィングですか!絶対そっちの方がいいなぁ…。確かに「ノウバディラヴズユー」じゃあタイトルが悲しすぎる…。でもこれってテーマソングとして決めてるわけじゃなくて勝手に浮んでくるんです。もっと悲しいかも…。
>ヒデユキさんへ
スターティングオーバーにビューティフルボーイにゴッドですか…。いつもレノンが側にいるわけですね。そういえばスターティングオーバーはその昔家で酔っぱらってる時なんかに、よくギター弾きながら歌ってた時期がありました…。確かにレノンは感情に直結してきますね。でもアレンジとかが時々じゃまになることがあるから、僕はオリジナルアルバムよりも所謂「ロストレノンテープス」のようなデモトラックとかの方が好きだったりするんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/212-86164569

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。