スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドバレットのブルース。

こちらの世界では
すこし奇妙な響き方をするブルースだけど
自分の中にもしかしたら存在してるかもしれない
あちらの世界のことを少し感じさせてくれた。

人の心の中はねじれた部分がきっとあって
でもシドバレットはたぶんそのねじれた部分がなかったから
子供のままの純真でデリケートな心をもったままだったから
僕らにはねじれて聴こえたのかもしれない。

あちらの純真な世界で
今もブルースを歌ってるのだろうか。

でもブルースなどもう必要ないだろうな。きっと。
スポンサーサイト

Comment

[310] 冥福を祈ります

もう一度、もしかしたら唄い出すかもしれないと、そう思ってきました。あちらの世界で神様に可愛がられて、ギターを持って唄っているかもしれませんね。

[311] パイクマンさんこんばんは。

もう一度この世界で唄ってほしかったですね。でもあちらの世界で楽しくやっててほしいものです。

[312]

今朝、新聞見て驚きましたよ。
とても好きだったので、シド・バレット。

トラックバックしてみましたので、お暇な時にでも、よろしくお願いします。

[313] こんにちは

とても残念であると同時に、内心ほっとしました(安らかにと言う意味です)

TBさせてくださいね!

[314] piouhgdさん、evergreenさんこんにちは。

>piouhgdさんへ
先ほどpiouhgdさんの記事読んでとても共感しました。僕もあまりアーティストの死に関してはそれほど心が動くことはないんですけど、この記事書いてるうちにいつもとは違う感じになってきたんです。
>evergreenさんへ
そうですね、姐さんのいうようにやっと安らかに眠る事ができたんだと考えることにします。

[315] こんばんは

トラックバックありがとうございました。
こちらからも返させていただきます。
他の方々のシド追悼記事を読んで、僕の記事はちょっと手厳しかったかなとも思っています。ただ、ドラッグへの耽溺がシドの精神を決定的な所まで歪めてしまったのは事実だと思うのです。それがなければ、ぎりぎりのところで踏み止まり、もっと素晴らしいソロ作品を残していたはずだと思うと...。

[316] すいません

“この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)”からトラックバックをしたら、おかしなことになってしまいました。もう一度トラックバックしたので先の分は削除お願いします。

[317] TBありがとうございます。

こんにちわ。
TBありがとうございます。
まぁ書いた通りです(笑)。
それ以上じゃないしそれ以下でもない。
そんなもんです。

[319] gakuさま、こんばんは!

“詩人”という共通点を持つ女性と照らし合わせることで、シドの心の中に安らぎがあったという希望的な推測を考えた記事を書きました・・・!

>人の心の中はねじれた部分がきっとあって
でもシドバレットはたぶんそのねじれた部分がなかったから
子供のままの純真でデリケートな心をもったままだったから
僕らにはねじれて聴こえたのかもしれない。

gakuさまのシドに対する理解、想像力が心に響きます・・・。

TBさせてくださいね・・・。

[320] Yamaさん、falsoさん、ルルさんこんにちは。

>Yamaさんへ
Yamaさんの記事読ませてもらいましたが手厳しいなんてそんなことないと思いますよ。Yamaさん独自の愛情が感じられました。数年に一度でいいからアルバムリリースしてほしかったですね。
>falsoさんへ
falsoさんの記事はfalsoさんらしいなって思いました。僕も感覚的にはfalsoさんに近いと思いました。
>ルルさんへ
ルルさんらしい詩的な表現好きです。主旨とは異なるかもしれませんが、狂人ということばは相対的な名称であって絶対的なものではないんだなって思いました。

[328] シド。。。

私はピンク・フロイドのファーストでしか聴いたことはありませんが、すごく無垢な人だったのかなと思っています。
自分の記事でも書いたのですが、曲はもちろんのこと、歌詞がいいと思います。

[329] music1969さんこんばんは。

早速記事読ませていただきました。J-WAVEももう少し気を利かせてほしいですよね。細かいところだけどこういうところで音楽への、アーティストへのリスペクトがあるのかないのかがばれてしまいますよね。残念です。もちろん詞も素晴らしいと思います。ちなみに僕はピンクフロイドはファーストが一番好きかもしれません。

[337] こんばんは

もう既に周回遅れ状態ですけど、シド・バレットの記事をあちこち探していてたどり着きました。過去記事もいくつか読ませていただきましたが、とても僕の興味をひくお話がたくさんありましたので、またちょくちょく寄らせてもらいます。

僕も最近下手糞なブログ始めましたので、TBさせてください。

では、これからもよろしくお願いします。

[344] yasさん初めまして!

昨日そちらに行きましたよ。なかなか興味深いお話がたくさんで楽しかったです。早速リンク貼らせていただきました。何か不都合あれば言ってくださいね。こちらからもトラックバックさせてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/216-0349334a

シド・バレットが天国へ

私の裏アイドル、シド・バレット(元ピンク・フロイドのメンバー。Vo&G)が数日前に亡くなっていた。60歳だった。悲しくて、悲しくて、ただそれだけ。すみません。

無題

Syd BarrettThe Madcap Laughs今朝、新聞を眺めていたら、まさか新聞で見かけるとは思っていなかった名前が目に飛び込んできて少し驚いた。今は、ネットでいろいろ伝わるのが早いから、既に知っている人はた

シド・バレット

 今日の朝刊に小さな訃報記事が載っていた。シド・バレットが逝った。7月初旬の出来事である。記事によると、死因は不明だが近年は糖尿病を患っていたとのこと。享年60歳。 薬に溺れている状態では決して良い作品は作

また一人、居なくなっただけの事。

また一人、居なくなっただけの事。蒸し暑い朝だった。ワールドカップのせいで寝不足だったのも治まりかけていたのに、今度は暑苦しさが睡眠時間を奪う。汗でベトつく布団を蹴飛ばしてトイレに行こうと部屋のドアを開

追悼SYD・BARRETPINK FLOYD"The Piper At The Gates Of Dawn"

PINK FLOYD "The Piper at the Gates of Dawn"1967年私が、ピンク・フロイドを聞き始めたとき、彼はすでにそこにはいなかった。フロイドのメンバーが、彼の幻影に悩まされ続けたように、私は動かぬ怪物伝説シド・バレットの虚像を、私自身で作り上げなければなら

シドの机の上に天使は現われたか?

シド・バレットの訃報は、実のところ、さほど驚いたわけではなかった。ようやっと天に召されたのだな・・という気持ち。ただいろいろな人たちの中にあるシドの存在を知っていくことにより、シドの死は私の心の中を浸食していった。知り合いにかかわるショックな話も耳にする

Pink Floyd / 1967: The First Three Singles

1997年にバンドのデビュー30周年記念ということで発売されたらしい、初期シングル3枚(1stシングルのプロデュースはジョー・ボイド)をパッケージングしたEP。紙製ダブルジャケットということで、装飾も中々。ピンク・フロイドと言えば、ワム!に夢中だった坊主頭の頃の....

Syd Barrett - Shine On You Crazy Diamond

 2006年7月7日死去。ピンク・フロイド伝説から40年経過してようやく肉体の崩壊が訪れたようだ。そのニュースは7月12日に世界中に流れ、ブログ界では山のような賛辞と賞賛、そして追悼のメッセージが飛び交っている。 シ

シド・バレット訃報

各方面で取りざたされているが、あらためて冥福を祈る。2006年7月13日元ピンク・フロイドのシド・バレット、死去 ピンク・フロイドの結成メンバーであり、ソロ・アーティストとしても『帽子は笑う…不気味に』『その名はバレット』という傑作を発表していたシド・バレット(

シド・バレット逝く

その日はなぜか「夜明けの口笛吹き」の「フレイミング」が頭の中で回っていた。「Sitting On The Unicorn」そして、コーヒーを買うために車を停め、再び車に戻ると、「ザ・ウォール」の中の「マザー」が。「ミーハー

追悼 シド・バレット

なんかブログ始めて二週間でまだ10回も記事書いてないのに、やたら追悼記事ばかりになるな。 先週しばらく外の情報から隔離された生活をしていた間に、シド・バレットの訃報が出回っていたようです。帰って来て開いたall musicのトップページに「The Madcap Gets The Last

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。