スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズを聴いているとロックよりロックを感じてしまうことがある。ブルーノートの楽器の音。

ROCKの心象風景と言いながらここ数週間はジャズばかり聴いている。僕の場合はだいたい1ヶ月周期で聴いている音楽の傾向が変化していってるようだ。今はジャズの、それもブルーノート盤を聴くことが多い。ちょっと前は70年代の割と有名なロック、その前は最近のロック、といったようにローテンションが自然と出来てる。それで最近はブルーノート。たまたまブルーノート。そしていつものようにブルーノートっていいなって思う。
A Night in Tunisia ナイト・ドリーマー
ブルーノート盤を久しぶりに聴くとなによりも先にその音の良さを感じる。それぞれの楽器が前に出てきて、それこそ生々しく鳴っている。ピアノは、サックスは、トランペットは、ベースは、ドラムは、そしてギターは、オルガンは、本来こういうふうに鳴るものだと言わんばかりに活き活きと鳴っている。エンジニアのルディヴァンゲルダーの録音。ジャズは、特にブルーノートの盤は楽器の本当の音が聴ける。楽器の音っていいなって思える。ロックを聴いていて楽器の音自体がいいなって思うことはあまりない。だから自然と各プレイヤー毎の演奏に自然と耳がいく。特にドラマーが凄い。フィリージョージョーンズの突っ込み方とか、エルヴィンジョーンズの重たいタメとか、アートブレイキーのパーカッシヴな激しさとか…もう本当にみんな凄い。ロックよりもロックしていて、プログレよりも断然プログレッシブ。いまさらながらに凄いなって思ってしまう。

だからジャズの、それもブルーノート盤を聴いたあとでロックのレコードを聴くと、ちょっとがっかりしてしまうことがある。なんか音が安っぽく感じてしまう。ヴァンゲルダーのように録音されたロックを聴いてみたい。全部の楽器が前にきてるような。ドラムまで前にきてるような。全ての楽器が活き活きと鳴ってるような。
スポンサーサイト

Comment

[324]

>ブルーノート盤を聴いたあとでロックのレコードを聴くと、ちょっとがっかりしてしまうことがある。なんか音が安っぽく感じてしまう。

すごい!快ペンですね!
その通り・・・
でも、お子様好きな私には、あってるってことかもね!

[325] 音の設定の仕方かなぁ~。

こんにちわ、最近LDに回帰しているfalsoでございます(笑)。
BNがパイオニアと共同企画でJazzを映像にすると言うコンセプトが有って、そのサンプラーを昨日見ていました。
久々に動いているライオンを見て感動したりしていたのですが、BNを立ちあげた端的な理由(他にも理由は有るでしょうが。)に大きなレコード会社のドラムに対しての音の悪さをあげていました。
このあたりに他のJAZZのレコードだけではなくRockのレコードとの違いも見えたりする気がします。

数年前の事ですが、とても高価で極めて音の良い機材でブラジルのポップスを聴かせてもらった事が有りますが、メチャクチャ音が薄っぺらでガッカリしました。明らかにラジカセやカーステでボリュームを上げて、低音を無理矢理強調したような音の方がシッカリ聞こえて来るのです。再生する機会を設定しての録音と言うものが有るのかなぁと思いました。

[326]

ロックで、ということなら真っ先に思い浮かぶのはPink Floydですかねえ。
ライブでの音響も半端ではないですし。
レーベル単位では思いつきません。
ブルーノートは、やっぱり特殊なんだと思います。

>再生する機会を設定しての録音

ずいぶん前に、スチャダラパーが海外でレコーディングして、向こうのエンジニアにミックスしてもらったのを日本の有線かで聴いたら、全然音が聴こえないって、インタビューで言ってました。
やっぱりヒット曲の類いって、有線やラジカセを想定して音作りがされているものが多いみたいですね。
だから、薄っぺらいのが多いじゃないでしょうか。

[327] evergreenさん、falsoさん、piouhgdさんこんにちは。

>evergreenさんへ
快ペンだなんて、常に快ペンの姐さんに言われると嬉しいです。ジャズを特にブルーノート聴くと思ってしまうんですよね。でもそのうちロック聴きたくなるんです。いつのまにか。ロック聴いてるときは、ロックはジャズなんかよりメロディがいいし心にグッとくる!なんて思ったりするんです(笑)。
>falsoさんへ
ご丁寧な解説ありがとうございます!ブルーノートの音はどの楽器の音も凄いですけどドラムは本当に凄いって昨日感じたんですよ。ライオンは大成功したということなんでしょうね。でもブルーノートを聴いて当時のエンジニアとかミュージシャンはこういうふうに録りたいって思わなかったんでしょうか。それが不思議です。それに聴くシチュエーションを想定するのは当然そうでしょうね。日本のエンジニアはみなさんミックスの最終段階で必ずラジカセの音で確認してますよ。
>piouhgdさんへ
確かにピンクフロイドの音は70年代の作品ですら今の耳で聴いても素晴らしいですね。それからスチャダラパーのように音に拘りに強いアーティストならきっとそう思うんでしょうね。ヒット曲の類はラジカセもそうですけど今はヘッドフォン重視の傾向もあると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/218-2da090cb

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。