スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い。もっとも暑かった4年間。ノイジーでサイケデリックでグランジな夏。

暑い。暑い夏が来るといつもあの頃の夏を想い出す。もっとも暑かった4年間。クーラーなし。地震どころか風で揺れる木造2階建アパート。横浜なのに海の匂いはしない。そのかわり晴れた日には富士山が見える丘の上。野球の練習から汗だくで戻ってくるとすぐに風呂で水浴びをしていた大学時代4年間。暑かった。ひたすら暑かった。
Honey's Dead Green Mind
そしてノイジーでサイケデリックでグランジな夏。ジーザスアンドメリーチェインにフレーミングリップスにドンフレミングにペイルセインツにクレイマーにダイナソーJRにソニックユースにティーンエイジファンクラブにニルヴァーナにサブポップにシミーディスクに…そしてニールヤングの「ウエルド」などなど。グランジでサイケデリックでノイジーな夏。金属的でクールでひんやりとしたノイズギターサウンド。汗だくになりながらも涼しくなれるような気がした。暑い中爆音で聴きながらウトウトしながら白昼夢の中に迷い込む。暑いけどそれが快感に。

だからあの時代のロックを聴くとあの夏を想い出すし、暑い夏がやってくるとあの時代のロックを想い出す。
スポンサーサイト

Comment

[368]  gakuさま、またも失礼します~!(@^_^@)

私が涙でちゃうバンドばかりです。。。(T_T)

でもgakuさまが勉強とか、野球とか、いろいろ頑張られていた同じ時期に、私はとんでもなく荒れた生活をしていたので、いまだ直視できない過去だったりするのです。。。

だから、あの頃聴いていたものはほとんど売ってしまいました・・・。
聴くと心の痛みを伴うので・・・。

ティーンエイジ、ジーザス&メリーチェイン、それにダイナソーJRもライヴ、行きました!(^_^)サーストンと灰野敬二の競(狂?)演、フリーキトゥンのお転婆三人組(笑)も、下北沢シェルターで観ました!キム(←憧れのヒト☆)が自分の毛皮のベストの胸に付けている、スヌーピーの人形を指差して、「This's janky dog・・」と言ってました!(^_^;)

サブポップで一番好きだったのは、マッドハニーです♪

カート・コバーンの死は・・・、今だ乗り越えられてないかもしれません・・・。
あの当時は本当にいろいろなことを考えました・・・。
カートが死んだ時に尋常じゃない荒れ方をしたんです・・・。

[369]

う~む、どうやら同世代。(笑)

[370] gakuさま、再度・・デス☆

間違えちゃった。。(+_+)janky→junkyデスネ・・・。
英語苦手で~。。。トホホ(T_T)

いやぁ~~!!!
あの頃の空気を共に感じた同世代の方たちと再会(←?)できて、ホント嬉しいですよ~!(@^_^@)

あっ!gakuさま!ちなみにマシュー・スウィートも、クラブチッタでのライヴ、行きました!
マシュー・スウィートの、「ガールフレンド」のジャケがめちゃくちゃ好きなLULUデス☆(^_^)☆

[372] 私も暑くても平気だったなぁ。

こんにちは。
私も大学時代(短大だけど)は、下宿型のアパートに住んでいてエアコンなんてのもなく、実習実習の連日でヘトヘトになりながら、音楽を聴いていたのを思い出しますねー。環境の悪い中でその頃聴いていた音楽は、忘れることなく一番鮮明に覚えています。ダニエル・ジョンストンなども良く聴いたし、もちろんニルヴァーナをはじめとするグランジ系も聴いてました。ソニック・ユース等のオルタネイティブも…。テレヴィジョン・パーソナリティーズやパステルズなどのヘロヘロインディ・ポップなども。
要するに、ここにもほぼ同世代が一人ということで(笑)

[373]

こんにちは。
gakuさんの大学時代の暑い夏は、まさにノジヲと同じ!共感するんだろうなぁ~。と、ノジヲの不在をいいことに、勝手なことを・・・。
私の大学時代の暑い夏、それは、以前に別館HYPER NIKOで書いたことがありますが、Les Negresses Vertes "Voila L'ete"(There's The Summer)です。大学生になって初めて長い夏休みなるものを知り、ヴォワラ、レテ。英語圏の音楽から離れていた時期に当たります。国籍ちゃんぽんのフレンチパワーに圧倒されておりました。

[374] ほぼ同世代(?)集合ってことで(笑)。

>ルルさんへ
そんなに勉強なんて頑張ってないですよ(笑)。ライブもたくさん通ってたんですね。それは今も変わらず(?)。ティーンエイジもダイナソーJRもソニックユースもマシュースウィートもライブ観たけどそのシェルターのそのものすごく濃い(笑)ライブとジザメリは観てないんですよ。観たかったです。マッドハニーも大好きでしたよ。でもメジャーに行ってからのほうが好きかもしれないです。カートの訃報は転勤で大阪にいたとき知りました。ショックでしたね。そのことを知ったときの場面なんかすごくよく覚えてます。こういうことって覚えてるものですね。ルルさんほどではないにしてもショックでした。ルルさんってたぶんアーティストへの想い入れなんかは僕よりも強いんでしょうね。マシュースウィート「ガールフレンド」のジャケいいですよね。ルルさんが好きっていうのもよくわかります。
>piouhgdさんへ
piouhgdさんは同世代くらいかなって思ってましたけどね(笑)。ルルさんはちょっと下だと思います…ルルさん同世代と言ってもいいんでしょうか(笑)。僕はハンドルネームの数字が生まれた年ですよ。1969年生まれです。ちなみにそのとなりが血液型です。piouhgdさんも同じ頃に同じ時代の空気吸ってたんですね。
>パイクマンさんへ
パイクマンさんもエアコンなしだったんですね。親近感沸きますね(笑)。暑かったです。本当に。テレビジョンパーソナリティーズ!パステルズ!もちろん当然好きでしたよ!暑い夏に似合うかもしれないですね。ヘロヘロな感じが。ほぼ同世代(笑)。そのほぼっていう言いまわしが面白いです。でもパイクマンさんって暑さは大丈夫なんですね。うちのモーティーは暑さだめみたいです。てんてんちゃんたちはどうなんでしょうか。

[375] ウヌニコさんは完璧に同世代ですね!

>ウヌニコさんへ
ウヌニコさん、ノジヲさんは完璧同世代ですね。たぶんノジヲさんとお話すると止まらなくなるんでしょうね。よろしくお伝えください。ウヌニコさんは英語圏以外に行ってたんですか。僕は英語圏以外だと日本語圏くらいしか行ったことないかもです、リアルタイムものだと。ウヌニコさんの真面目なほうの(笑)ブログで勉強してますよ、Les Negresses Vertes 。フランスのマンデーズってことで聴いてみます。

[377] gakuさま、またも失礼します~m(__)m

もしかしたら、ライヴ会場で、gakuさまと顔を合わせたことがあるかもしれませんね・・・(@^_^@)

私もこの頃についての記事を書いて、トラックバックさせていただいたのですが、また“私”って言葉を使いすぎてた(汗)ので少し、変えました・・・(^_^;)

gakuさまは、札幌、大阪、横浜、武蔵野、といろいろなところに住まれたのですね・・・!(^_^)
私は結局関東地方から動いてないので、すごく憧れるし、うらやましいです☆

[379] ごめんなさい。。(+_+)

また急いでコメントしてしまい。。。

gakuさまは、私の次兄とまったく同い年ですっ!(^_^)

この次兄に私は頭があがらなくて~・・(激汗)

ブラーのデーモンが、gakuさまと同い年くらいでしたっけ??(違ってたら教えてくださーい!)
そうすると、やはりお兄さん、っぽいかも。。。
(スミマセン。。。)

[382] ルルさんへ

たぶんどこかでは一緒の空間でいたんでしょうね(笑)。ちなみに僕は香川県の高松市で生まれて、以後、横浜市旭区⇒東京の中野新橋⇒大阪の新大阪⇒東京の三鷹台⇒札幌の琴似⇒東京の永福⇒今は東京の久我山と三鷹台の間くらいのところに住んでます。だから武蔵野ではなくて杉並区よりの三鷹市なんですよ。それぞれいい想い出もそれほどでもない想い出もあります。デーモン同い年くらいですか…たぶんそれくらいでしょうね。ちなみにブラーは後期が断然好きで、グレアムコクソンのソロも大好きです。

[387]

ボーナストラック入りで再発された「Green Mind」を買ってきたばかりだったので、これはタイムリーな記事でした(僕のコメントがちっともタイムリーじゃないのが申し訳ないですが)。

僕はgakuさんやコメント欄の皆さんよりは若干年上なんですが、聴いてきた音楽は同じです。こういバンドのアルバムはいくつになっても楽しく聴けますね。ノスタルジアでなく。

ティーンエイジ・ファンクラブもフレーミング・リップスもまだまだ力の入ったいいアルバムを出し続けてくれているのが頼もしいです。こういう人たちがこういうアルバムを出し続ける限り、こっちはオッサンになろうがジジイになろうが聴き続けてしまうんですよね。

[388] yasさんこんにちは!

ダイナソーJRのボーナストラック付きで出てますよね。それを購入されたばかりとは。それは嬉しい偶然です。まったくおっしゃるとおりで聴き続けてきたものって全然懐かしさは感じないです。yasさんに負けないくらいじじいになっても聴き続けると思います。新しいアーティストももちろん聴き続けていきたいですね、yasさんのように。

[700] 古い記事にすみません

初めまして。
ダニエル・ジョンストンとシミーディスクに導かれて
あるブログに辿り着き、ソコのgaku69abさんのコメントからココを知りました。

ドコの記事にコメント差し上げようか悩んだのですが
検索して、古い記事ですがココに…。

実は僕は、かなりのシミー&クレイマー好きでして
gaku69abさん同様、ラフトレにも良く通いました。

ご存知だと思いますが、シミーディスクは
98年頃にドン・フレミング(ベルベット・モンキーズ、ボール)と
アン・マグナサン(ボングウォーター)に訴えられ(裏でGeffinの影?)
裁判で負け、スタジオ没収、レーベル解体(一時、Knitting Factoryが援助)と
なってしまって消滅したかに思われたのですが
2004年から細々とクレイマーが復活の機会を伺ってたみたいで
なんと今年、SECOND-SHIMMYとして復活しました!

そしてそのセカンドシミーの、記念すべき最初のアルバムが
ダニエル・ジョンストンのトリビュートアルバムです。
21人のアーティストが、ダニエルの曲を演奏するアルバムです。
クレイマーは勿論(ジャド・フェア&クレイマーとしても参加)
コアなメンツの大変興味深いアルバムです。
ちなみにラストのTessはクレイマーの一人娘です。

興味がございましたら、是非聴いてみて下さい。
↓のクレイマーのセカンドシミーのサイトにも詳細がございます。
http://www.kramershimmy.com/future.html

クレイマーのサイト自体、一時消滅しておりまして
(彼のサイト自体、シミー消滅後に出来たので、ご存知ないかと思いますが)
今年になって復活したばかりのようです。

などと突然に、あまり関係のない話をすみませんでした。
今となってはこんな話が出来る場所も、なかなか無いので…

[702]

>ふんふけさんへ
シミーディスク情報、とても詳しく教えていただきありがとうございます。セカンドシミーですか。。とても興味深いです。クレイマーのソロ作、大好きなので(特に2枚組みのやつ)また出してほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/227-71e3cff7

オルタネイティヴ前夜のLULU

最近、私と同時代に生きて、あの頃の音楽シーンを感じて来た方たちとお話しすることができるようになって、私は少し動揺している・・。(ごめんなさい。。悪い意味ではけしてないんです・・。)おぼろげに思い出す。もう忘れようと思ってたんだけど・・・。一人暮らしから戻

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。