スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動した翌日の筋肉痛。生きてる証。ライブ盤が好きな理由。

朝起きるとたぶん体じゅう痛くなってるだろうなって思ってたけど、予想的中、体じゅう痛くなってた。たぶん明日になるともっと痛くなってるんだろうな。筋肉痛は歳とともに痛くなる日が先延ばしになる。若い時は運動した直後に筋肉痛。歳を重ねるとその痛みが翌日に来て、さらに歳をとるとその翌々日にくるのだろう。たぶん。別に筋トレとかしたわけじゃないのに。バットを振ってボールを投げただけなのに。肩だけじゃなくて背中も痛い。まあ久しぶりの運動だったから、野球も久しぶりだったから、と自分に言い聞かせる。スポーツ好きな人はみんなこういうふうに自分の体と折り合いをつけていくんだろう。きっと。
フィルモア・イースト・ライヴ Live Album
ただこの筋肉の痛み自体は嫌いじゃない。筋肉がついてるような気がするからというのもあるけど、その痛みそのものを感じることは、うまく言えないけど、生きているってことを実感する。生きてる証。大げさに言えば。そしてそういうときは轟音ギターロックを浴びるように聴くのも好きだけど、学生時代練習に疲れて帰ってきた時はライブ盤も浴びるようによく聴いていた。
ライブ盤は昔から好きで、初めて聴いたアルバムがライブ盤だったこともしばしば。たとえばオールマンブラザーズバンド、グランドファンクレイルロード、ルーリード、トーキングヘッズ、チープトリック、ピーターフランプトン、ローリングストーンズ、ELP、フィッシュ、グレイトフルデッド、エリオットマーフィー、ジャズメッセンジャーズ、ビルエバンス、マイルスデイヴィス、ケニードーハム、ソニーロリンズ、キースジャレット…もっともっと多いはず。これらのアーティストは全てライブ盤から入った。

ライブ盤はそのアーティストのその時点でのベストの状態が記録されてるはずだし、だいたい有名曲も聴けてしまうことが多い。そんな理由とは別にライブ盤ならではの生々しさを期待する。スタジオ盤とは違ったアレンジ、演奏を期待する。ただライブ盤によってはスタジオ作と同じように綺麗過ぎてつまらないものも多い。個人的には少々音質悪くてもミステイクもそのまま収録してしまうようなラフな作りのものが好きだ。だから音の悪い海賊盤でも全然OK。むしろ生々しくていいくらい。そしてそういう作りのライブ盤のほうが後々長く聴いてるような気がする。
スポンサーサイト

Comment

[435]

そうそう、久しぶりに体動かした後に筋肉の存在を再確認するんですよね。それで「お、また筋肉つくかな」とか錯覚するんですけど、別に続けて運動するわけじゃないんで、単なる筋肉痛でおしまい、と。

僕は今ではすべてのライヴ盤の中で、サム・クックのハーレム・スクエアのやつが一番です。今では、というか、あれを最初に聴いた時(確か85年?)からずっと。

[436] 高校時代の話ですか

私が部活(柔道)をやっていたのは大学時代です。時間差がありました(誤解でした、ははは)。
gakuさんは、高校時代から体育会系洋楽リスナーだったんですね。私は、当時は長唄三味線の方が舞台などあって大変だったので、部活は楽な文化系でした。洋楽も好きなアーチスト専科という感じで、広くは聴いてなかったです。なにしろ、歌舞伎の演目の三味線パートを丸暗記するのに手一杯でした。楽譜が無い芸能ですから、耳写しで、まあ、これが後に洋楽を耳コピするのに非常に役立っているわけですが。。。三味線もある意味体育会系っぽいですよね、言われてみれば(笑)。

[437]

>yasさんへ
僕は単なる筋肉痛でおしまいにならないように今シーズンはがんばってみます(笑)。サムクックのハーレムスクエアは初めて聴いたサムクックのアルバムなんですよ。僕も大好きですよ。最初CDで買って、アナログ盤で買いなおしたくらい好きです!でもしばらく聴いてないな…。聴きたくなったので聴きます!これをきっかけにソウルモードに入っていくかも(笑)。

>ウヌニコさんへ
いえいえ誤解じゃないですよ。特に高校時代っていう話じゃないです(笑)。でも大学時代に柔道って…かなり本格的。それよりびっくりなのが長唄三味線ですか!ウヌニコさんっていったいどういう方なんだろう…。あ、ちなみに僕は小学校4年生の時に少年野球団に入っていらい中学、高校、大学とずっと野球部でした。

[438]

そういえば先日、小5の野球少年の息子と夜行日帰りで尾瀬に行ってきましたョ。
尾瀬の至仏山の登山ですが生憎の天気で7時間歩いたけれど次の日子供はケロッとして野球の練習に行きました。
僕はそうとう体が重かったけどw

[439] この記事に影響されて

久々に泳ぎに行ってきました。近くのYMCAのプール。あー体が重い。実は僕、中・高・大と水泳部だったんですが、いまや数百メートル泳いだだけでもう心臓バクバクいってます。さあこれからビール飲もうっと(運動台無し)。

[440] 35歳が私の限界でした(笑)。

こんにちわ。
35歳から一気にガクッときました。現状を保つ事が出来ない辛さは、精神的に随分辛いものです。
40歳過ぎてからは・・・幾つまで生きる事が出来るのか・・・それが私の課題です(笑)。
あぁ、てんで音楽と肉体の関係でも無い、只のぼやきになってしまったぁ~。

[441]

>mottiさんへ
7時間の登山!素晴らしい!登山って子供の頃は山がすぐ側にあったのよく登ってましたよ。もちろん本格的な山(?)ではないんですけどね。でも息子さん期待できますね。そのスタミナがあれば甲子園も夢じゃないですね。

>yasさんへ
水泳いいですね!僕は高校生までは海が近かったんで、野球の練習終わった後海に寄って泳いで帰宅、という今では信じられないパターンを繰り返してたことを思い出しました。yasさんは水泳部だったんですね。それも大学までですか…本格的ですね!水泳は本当に体力使うから練習きつかったんでしょうね。久しぶりに泳ぎに行きたくなりましたよ。もちろん泳いだ後は生ビールです(笑)。

>falsoさんへ
やはりそのくらいの年齢がヤマなんでしょうか(笑)。僕の場合は筋肉痛が来たのが翌日だったのでまだまだ大丈夫かなって自分に言い聞かせてます。野球の場合バッティング能力は不思議と落ちないものなんです。サッカーは…厳しいでしょうね(笑)。

[442] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[443] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/235-2a725ea7

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。