スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人はどうしてイギリスびいきなのか。アメリカンロック過小評価の悪循環。

バーズもバッファロースプリングフィールドもラヴもジェファーソンエアプレインも同時代のイギリスのバンド群に比べて確実に過小評価。グレイトフルデッドにフランクザッパにクイックシルバーメッセンジャーサービスにカントリージョーアンドフィッシュに…まだまだいる…アメリカでは大人気で日本ではマニア受けバンド。そろいもそろって日本での人気は低すぎるくらい低い。イギリスのバンドはそろいもそろって人気も評価も高いのに。
Fifth Dimension Buffalo Springfield Again
それは80年代、90年代にはいってからも続く。過小評価3大バンド、フーティーアンドブロウフィッシュにウオールフラワーズにカウンティングクロウズ。そしてジェイホークスにソウルアサイラム。REMにパールジャム…まだまだいる。アメリカで人気の高いアメリカンロックらしいアメリカンロックバンド。アメリカでは人気あっても日本では明らかに過小評価。昔から現在にいたるまで日本はずっとずっとイギリスびいき。日本で人気が高いアメリカのバンドはヘビメタと産業ロックくらいなんじゃないかと思えるくらい。
Bringing Down the Horse Let Your Dim Light Shine
アメリカで成功するにはツアーが不可欠。日本とかイギリスのように数週間で全国まわれるような規模ではなくて数ヶ月から半年かかる。当然ライブのクオリティもあがるし、各地でいいライブをしないと成功はしない。イギリスと日本ではやはりルックスとちょっとした話題、特にスキャンダラスな話題がいい。サウンドスタイルが奇抜であればライブなど出来なくてもかまわない。日本でも地味でライブのいいアーティストを紹介するより、ルックスがよくてサウンドが奇抜なもののほうが紹介しやすい。

日本で過小評価だとどうなるか。日本に来ない。たまに来てもあまり来てくれない。それにそういうアーティストに限ってライブが凄くいいと言われるバンドだったりする。それにライブの良さは来日しないとしっかりと伝わらない。アメリカンロック過小評価の悪循環は続く。

ものすごく大げさに言ったらこんなふうに20年くらい思い続けている。アメリカンロックらしいアメリカンロックが過小評価なのはどうでもいいけど、そのために日本でライブを観ることができないのが悲しい。ただそれだけ。
スポンサーサイト

Comment

[481]

アメリカの方が懐も深いし、私はとんでもないものは、アメリカにいつも潜んでると思っています。
イギリスは、ビートルズが偉大すぎるのでしょうか?
私は、エルビスをもっと評価すべきじゃないのかなって、歴史を考える時、いつも思いますが・・・
これは、永遠のテーマですね!

[482]

20年も思い続けていたのかー\((;◎_◎)/!
でも、gakuさんの言うとおりだよ。ノジヲも同じこと言ってたよー。ロック界の表に出てくるまでの競争率からして、英国と米国じゃ全然違うもんねー。

[483] 私の記憶では

こんにちわ。
1970年頃の洋楽はアメリカ中心だったような気がします。
フラワー・ムーブメントとウエストコーストもロックからフォーク、カントリーやブラック・ミュードックまでを巻き込んでの出来事だったような気がします。

英国のバンドもアメリカで売れるかどうかが一つのラインだったような気がします。
英国バンドの新譜を「アメリカ受けを狙った・・・」なんて評価の仕方をした感じがします。

アメリカ大陸とヨーロッパ大陸には大きな海が有って、インターネットなんてものが存在しなかった頃の事です。両国のメンバーが一緒にバンドを作ると『フォリナー』なんて名前をつけたりした時代が有ったような気がします。

「ブラク・マジック・ウーマン」なんて曲や「カルフォルニアの青い空」なんて曲が有線で流れる時代が有った気がします。

英国のロックと米国のロックに何となく違いを感じていた頃の話です。

[484] 不思議です

昨日の記事に続いて耳が痛いです。
まあ、ザッパ好きという事でご勘弁を。

でも、なぜロックはそうなんでしょうね。映画は全く逆なのに。不思議です。

[485] アメリカ

こんばんはー。
イギリスの洋楽で育ったと思っていたんですけど、実は影響を受けたのはアメリカのバンドの方が多いかも。。

イギリスは型にはまっていて、そこから抜け出せないようなバンドが多いですよね(今は)。
アメリカって大きな国は、限りなく可能性を秘めている国ですねー。
少なくとも、インディ関係についてはアメリカに軍配が上がるかなぁ。。

[486]

>evergreenさんへ
姐さんもそう思っていてくれて心強いです(笑)。確かにビートルズの存在が大きいのでしょうか。僕なんかはイギリスのビートルズ、アメリカのバーズって思ってるんですけどね。確かにエルビスのロックとしての評価は低いかも。言えてます。元祖パンクはエルビスだって誰か行ってもおかしくありません(笑)

>ニコライさんへ
そうです。20年間思い続けていてことあるごとにまわりの人たちに言って迷惑がられてました(笑)。ノジヲさんもおっしゃってますか。さすがです(笑)。イギリスとか日本はパッと出の新人は出て来やすいですよね。イギリスで大人気っていうのってアメリカで言えば、例えばカリフォルニア州で大人気程度。まさにおっしゃるとおり。

>falsoさんへ
falsoさんのおっしゃるとおりアメリカ中心だったはずなんですが、そのことが日本には充分伝わってないような気がするんですよ。でも当時の日本の有線とかラジオではアメリカ優勢だったんでしょうか…。いい時代ですよね(笑)。おっしゃるように今となってはイギリスのバンドかアメリカのバンドかちょっと聴いただけではわからないですよね。falsoさんの分析はいつも鋭いです。

[487]

>Yamaさんへ
耳を痛がる必要なんて全然ないですよ(笑)。僕もイギリスのロック大好きですよ。もちろんイギリスロック好きを責めてるわけでも全然ないです(笑)。ただ、アメリカのロックがあまりに不当に評価が低いと日本でいいバンドがライブをやってくれない、ライブが観れないっていうただの私利私欲を満たしたいだけなんです(笑)。それに映画!いえてます。映画はアメリカですよね、日本では。ハリウッドの力でしょうか。

>パイクマンさんへ
感じ方似てると思います(笑)。僕も大好きなイギリスのバンド多かったんですけど一度型にはまってしまうと抜け出せない。そんなイメージあります。インディーものに関しては僕もアメリカのものに好きなアーティスト多かったような気がします。でもこんな記事書いちゃうとイギリス嫌いみたいに思われるかな。大好きなんですけどね(笑)。

[488]

gakuさん、今日は8月16日なんだけど、偶然エルビスの命日なんだって!(爆)ということで、とり上げるかも!(爆)

[490] evergreenさんへ

それってすごい偶然!ですね。姐さんのブログにコメント書いたけどエルビスの命日よりもジョンレノンの命日のほうが有名ってことはやっぱりアメリカは過小評価?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/243-98c389bc

Buffalo Springfield Again/BUFFALO SPRINGFIELD (バッファロー・スプリングフィールド)

Buffalo Springfield AgainBuffalo Springfield Atco 1990-10-25[日本盤] バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  Stephen Stills(

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。