スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンクスだけは過小評価。英国最高のロックンロールバンド。今のところは。

なつめろ系ライブも好きで結構行ってる。ポールにジョージにリンゴにクラプトンにジミーペイジにストーンズにドアーズにフーにイーグルスにロジャーウオーターズに…。単純に楽しめる。でもただそれだけ。でもキンクスだけは違っていた。キンクスは現役バリバリのロックンロールバンドだった。動きもサウンドの切れも現役。声もよく出てたし過去を振り返るより今をしっかりと生きて未来をも見据えてる感じだった。だから感動した。
To the Bone アザー・ピープルズ・ライヴズ
キンクスはどの時代にも素敵なアルバムを作り続けてきた。決して70年代で終わってるようなバンドではない。ざくざく切り込むギターリフの攻撃的なロックンロールからほのぼのした素朴なポップソング。疾走感溢れる青春ロックに皮肉っぽいアヴァンギャルドポップ。素朴な味わいもあるし暴力的な奔放さもある。でもやはりなによりレイディッヴィスは素晴らしいソングライターであり続けている。いい曲しかない。レイの曲にハズレはない。

英国ロックは常に日本で過大評価されてると思うんだけどキンクスだけは別。どうしてこんなに地位が低いのか。あの時代からずっとずっとロックンロールし続けていたのはキンクスだけ。英国最高のロックンロールバンドはキンクスだと思う。今のところは。
スポンサーサイト

Comment

[504] 英国ロック

日本語の音楽雑誌を読まないせいか、こういう翻訳で授けられたイメージってのに、ピンとこないのですけど、キンクスって、日本では評価低いんですか?英国らしいから、外人にウケないだけなのかと思ってました。英国ロックって、度々、gakuさんのブログに出てきて、まっさきに私が頭に思い描いていたのはキンクスですよ。じゃあ、英国ロックって、なんですか?(・_・?)

[505]

ビートルズ、ストーンズ、フー、キンクス。
誰でも知ってるビートルズとストーンズに比べると、フーとキンクスは知名度低いですよね。特にキンクスはそうかもしれない。

評価となるとどうなんでしょう。やっぱり低いのかなぁ。「レコード・コレクターズ」での特集の回数も確かにキンクスは圧倒的に少ないかも。

[506] 激しく同感。

キンクスはビートルズやストーンズやフーに比べると一般的な知名度は圧倒的に低いと思います。特に,若いリスナーには,ビートルズやストーンズやフーは,今のミュージシャンから辿って,聴かれることが多いと思いますが,キンクスってそんなことも少ないような気がします。

[508]

こんばんは。
彼ら特有のトラジコメディーなる要素や強烈なイギリス人気質がネックなのでしょうか。
とても好きなのですが、おいそれと立ち入れない自分が居たりします。

[510] キンクス最高!

私もキンクス大好きで~す!キンクスって気に留めない人は全く気に留めず、好きな人はとことん好きっていう2分極化が激しい評価のように思います。一般的にカッコ良いとか洗練されているアーティストの方がウケやすいと思うので、そういうのが好きな人にはキンクスは垢抜けなく聴こえるのかもしれませんね。

[511] やっぱり、米国の人気=日本での人気、なのかなぁ

こんにちわ。
キンクスを好きな人は、とことん好きですよね。
日本で中々人気が出ないのは、レコード会社の力の入れようも有ると思いますが、彼らが極めて英国的だからと言う気もします。
ステイタス・クォーもウイッシュボーン・アッシュもロリー・ギャラガーも日本では・・・。

[513]

>ウヌニコさんへ
キンクスは日本で評価低いと思います。ポールはドームで8日間、ストーンズは10日もやってるのにキンクスは厚生年金会館2日間。この数字がなによりの証拠(笑)。この3アーティストは僕のイメージでは横並びなんです。それがおかしい?(笑)。英国ロックとは何か。難しいです。なんなんでしょう。英国らしさ、というのもわかったふりをみんなしてるけど、なんなんでしょう。実はあんまりよくわかってないです。

>Yamaさんへ
ビートルズとストーンズ。ツェッペリンとパープル。オアシスとブラー。2番目までは知名度高いけど3番目になるといきなりおちる。これはどこの世界でも同じですよね。違うかな(笑)。キンクスは評価の高い時期が60年代から70年代前半までに集中してる。その後も常に素晴らしい作品を作り続けてるのに。という意味で評価低いのではと思いました。

>FUJIMIROCKさんへ
確かにおっしゃるとおり。キンクスを好きと公言してるアーティストは少ないかもしれないですね。ブラーくらいかな。大物(笑)でいえば。それに評価されてるのは60年代から70年代前半でとまってる。その後も凄いのに。今だって凄いはずなのに。そのことがじれったいんですよね。

[514]

>chitlinさんへ
chitlinさんのコメントを見て思ったんですがキンクスが語られる時ってあまりにも英国的な~のように語られますよね。でも70年代以降はそんなに英国英国してなくて(笑)。そんな英国の中に閉じ込めておけるようなスケールの小さいバンドではないと思うんですけどね。英国的なっていう意味もあんまりわかってないんですけどね(笑)。

>クロムさんへ
おっしゃる通りです。キンクス最高です!2分極化が激しい。まさにそのとおりです。2分極化激しいアーティスト=マニアックなアーティスト。キンクスはマニアックなアーティストとしてとらえられてると思います。確かに垢抜けないかも(笑)。もしかしたら垢抜けない人がキンクス好きなのかも(笑)。クロムさんのことじゃないですよ!僕のことです(笑)。

>falsoさんへ
ステイタスクォーは確かにイギリスのみで有名バンドだと思いますが、ウイッシュボーン・アッシュとロリー・ギャラガーは特に日本で評価低いっていうふうには思えないんですけどね。僕の中ではビートルズ、ストーンズ、キンクス、フー、ツェッペリンは横に並んでいて、その中で比べてるから低いと思うんですよね。

[519] キンクスの話題にまだ食いついてすみません。

最近お忙しいようで、ニコライ日記にあまりいらっしゃらないのですが、とらんぽり~んさんという方が、キンクスの激ファンです。楽天で、ヴィレッジグリーンの同じのが3枚組み(マスターがそれぞれ違うらしい)というのがあって、誰がこれ買うの?と面白がっていたら、お買い上げなさったそうですから、相当な。キンクスのファンは激しい。ニ分極化というのは同感です。私も結構好きですよ。でも珍しくも中庸な立場でのファンかな。UKジャイブ辺りからの方が良いかな。

[522]

>ウヌニコさんへ
確かにキンクスマニアは濃いですね。とらんぽり~んさんのようなマニアックなファンは多いでしょうね。イギリスまでレア盤を買いに行った人も知ってます。でもウヌニコさん、UKジャイブ辺りからのほうが良いと言える方こそなかなかいないですよね。貴重です!ずっとずっとキンクスはパイ時代が偉い、ヴィレッジグリーンが偉い、マスウェル・ヒルビリーズが偉い、それらだけが偉い!と言ってる人が多いことが過小評価だと僕は言いたいんです!キンクスはどの時代も変わらず素晴らしい作品を作り続けているのに。UKジャイブもその前のシンクヴィジュアルも、その後のフォビアもすごいアルバムだと僕は思ってるんです。キンクスくらいずっとずっとクオリティの落ちないバンドなんて他にそういないと思います。そうですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/245-605767e9

The Kinks / Schoolboys In Disgrace

新生活や仕切りなおしが所々で始められていて、当該勤務先も例外ではない。もしかしたら入社して初めて直属の後輩が出来るかもしれない、なんていう噂も聞こえてきてて。っつーか10年間も一番下っぱってどうなのよ。そりゃあ、ひねくれるわ。うちの甥っこも小学校に入学...

英国音楽

♯56マスウェル・ヒルビリーズ / ザ・キンクスキンクスがRCA移籍第一弾として発表した名盤。1971年発表,通算10枚目。このアルバムが,セールス的に全く振るわなかったという事実が悲しすぎる。このアルバムの素晴らしさがなぜわからん?そもそも,日本でのキンク

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。