スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィブラートに逃げるヴォーカリストの言葉が心に響かない理由。個人的論理。

言葉に力のないヴォーカリストはヴィブラートに逃げる。ヴィブラートに逃げると言葉のリアリティが希薄になる。言葉のリアリティが希薄になると音楽自体が空虚に響く。音楽が空虚に響くともちろん心になんか届くわけがない。人の心に言葉を届けることはそんなに簡単であるはずがない。

というわけで僕はポールロジャースとかフレディーマーキュリーみたいな音楽的、そして技巧的なヴォーカリストよりも、ボブディランやニールヤングやロッキーエリクソンのように極めて詩的なヴォーカリストの音楽のほうが心に響くのは当たり前のことなんだと、昨日そんなふうに勝手に納得した。もちろんとても個人的に納得した。
スポンサーサイト

Comment

[612]

よ~くわかります。
しかし、最近では
>音楽が空虚に響く・・・
こうゆうのがメインストリートなんじゃないでしょうかね。
心に響かないように歌う・・・イコール ストイック・・・みたいな図式があるような気がします。

音楽だけでなく、熱いものを必要とされない世の中になっていますね。

[613]

>evergreenさんへ
最近は空虚に響く音楽が主流って思われてますか?僕はそう思わないんですよ。どちらかというと熱いものが求められていて、そういうものが出てきてるように感じるんです。むしろ1974年頃から1988年頃の音楽に空虚な音楽が多いように感じます。たとえばその頃の時代遅れのプログレ、サイケ、ハードロック、ロンドンパンク、ヘビメタ、ユーロビートとか。。個人的にはそう感じます。でも空虚かどうかというのと好き嫌いは別で、そういう音楽でも好きなものももちろんあります。

[614]

アーチストが何を重視しているかでしょうね。
私も好みの傾向はgakuさんと同じですよ~。上手く歌うなら訓練すれば上達するけれど、味は訓練しても上達するもんじゃないですし。
でも、カントリー歌手から、コブシは取らないで~っ♪
あぁ、今年も良いコブシに出会いたい~。思いきり矛盾している私ですが・・・。

[617]

私もgakuさんに同感です。アレアのデメトリオ・ストラトスのように、もちろん技巧派でも伝わるものが大きい人たちもいるとは思いますが・・・。個人的に最も好きなボーカリストはデル・シャノンです。

[619]

>ウヌニコ さんへ
アーティストによっては詞などどうでもいいと思ってる人も多いでしょうね。僕もヴィブラートもコブシも嫌いではないし、それに心に響かない音楽を聴いていたいことも多いし。

>クロムさんへ
同感といっていただいて嬉しいです。もしかしたらみんなそう思ってるじゃないかな。はたして本当にヴィブラートって好きな人っているんでしょうか。あれは歌ってる人の自己満足なのかな。コメントのお返しになってなくてごめんなさい。デルシャノンは僕も大好きなヴォーカリストのひとりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/264-06b6d00a

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。