スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1974年のエリッククラプトン。ジョンレノンもニールヤングも。

1974年のエリッククラプトンのライブ盤を久しぶりに聴いた。その昔、今よりももっともっとエリッククラプトンが好きで、ギタリストとしてというよりも、なんというか、ある時代までの歌とか曲が好きでよく聴いていたし、海賊盤もずいぶんと買っていた。その中でも特に好きな時代はもちろんドミノス時代とこの1974年のツアーの頃。酒のみつつ演奏してるかのようなヘロヘロ感がとてもいい感じ。ヘロヘロ感といっても最低限の緊張感は保ってる。弱さをさらけ出してる。リアリティ。時々かすれる声とか。ぐっときてしまう。PAアウトのライン録音特有のラフな生々しさもいい。
LZwaswhere.jpg

そういえばこの頃はジョンレノンも酒の入ったようなセッションを西海岸でやってたり、ニールヤングも似たようなアルバムとかツアーとかを同じく西海岸でやっていたり。1973年~1974年はヘロヘロの年なのか。

お酒を飲むと変わるっていう言い方をよくするけど、お酒を飲んでいろいろなストレスから開放された時の態度だったり発言だったりのほうが、その人の人間性に忠実なのかもしれない。だから音楽にも、時にはアルコールが必要なのかもしれない。もしくはそもそも必要不可欠なものなのかもしれない。いろいろな意味で。
スポンサーサイト

Comment

[680]

そういえば以前どこかで、ウィルコ・ジョンソンはお酒を飲まないって話を読んだのを思い出しました。アルコールが似合いそうな音なのに・・・。私は全くお酒が飲めないので、グラス片手に音楽聴けたらなあって、いつも憧れてます。

[683]

酒飲んであれだけ弾けるんだから、うらやますぃ~。(;>_<;)
手だけシラフなんだ、そうだ、そうに違いない!

[686]

>クロムさんへ
ウィルコ・ジョンソンお酒を飲まないんですか!これは意外。そうでもないのかな。どちらかと言えば客が飲みつつ観るといいアーティストなんでしょうね。クロムさんはお酒飲まれないんですね。僕はライブハウスではいつもビール飲んでます。。

>ウヌニコさんへ
そうです。きっと手だけはシラフなんです。でも時々?というかこの頃のクラプトンはたびたび手も酔ってることもあるような。。

[687]

>この頃のクラプトンはたびたび手も酔ってることもあるような。。

それは、耄碌というのではなくて?あ、ファンの方失礼。自然です。極めて自然な成り行きです(笑)。70年代初期のライブなんか聴いちゃうと、おや?と感じることありますよね、確かに。

[689]

>ウヌニコさんへ
耄碌って字よめなかった。。もうろくですね。。今はともかく70年代初期はまだ大丈夫だったと思うんですけどね。でもこの頃はまだ歌に信憑性があって好きなんですよ。

[691]

こんばんは。
またまたおじゃまします。
僕もドミノス&gaku様が貼っているEC was Hereは凄く好きなんですよ。
ECは業の深さ。ワガママさ。弱さ。そんなこんなが声やギターにこの頃は出ていた気がします。(今は手癖ですが)

ちなみにWilkoは英文学者ですから。極めてマジメで堅物でどうにもならない位融通の利かないやつらしいです。
でも、ダイスキですが。。。

P.S.リンクして頂き恐縮です。
私のほうもリンクさせて頂いてよろしいでしょうか?

P.S.2 プレイヤーはYAMAHAのGT系ですね♪僕も一時使っておりました。

[692]

>V.J.さんへ
好みが近いですね。それからクラプトンに対する考え方も。ちなみにここにはってあるジャケットは海賊盤のL.Z. WAS WHEREというやつで、74年12月の2回のライブがほぼまるごと入ってるやつなんですよ。この年のライブは通して聴くといいんですよね。それからリンクもぜひぜひお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/276-69a37cdc

ビートルズの歌詞

ビートルズの魅力のうち歌詞というのも大きい要素ですね。ジョンレノンは何であんな詩書けるんだろう・・・

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。