スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK月間からJAZZ月間に変わったばかりの頃はJAZZの音の良さにいつも感心してしまう。

数ヶ月ごとに、ROCK聞きたい月間とJAZZ聴きたい月間が自分の中に明確にあり、
例えば、最近は、完全に、圧倒的に、例外なく、JAZZ月間。
いつも何かきっかけのようなものがあるはずなんだけど、
いつもそれを忘れてしまう。

中古レコード屋には、仕事の合間に良く行っていて、
今、つまり、”JAZZ月間”なので、ほとんどROCKコーナーにはほとんど近づくこともない。

今、JAZZのジャケットがとてもいとおしく思える。同時に、もちろん、音楽も。
JAZZに関心が芽生え始めた頃は、ROCKから入る多くの方々同様、
マイルス、コルトレーン、ドルフィーばかり聴いていた。

今は、もちろんそれらのアーティスト、ミュージシャンも時々聴くけれど
どちらかというと、もっと保守的な(?)50年代から60年代のブルーノートものや
それから、ウエストコーストものを頻繁に聴くようになった。

ROCK月間からJAZZ月間に変わったばかりの頃は
本当にJAZZの音の良さに感心してしまう。
ROCKよりダビングが少ない、というか、ほとんどないJAZZのほうが
音が良いのは当たり前なのだけど、
最初はそこにばかり耳が行ってしまう。

ROCKからJAZZに入った人って、みんなそうなのではないだろうか。
これが50年代の録音か!ってびっくりしているのだろうか。

というわけで、今はもっぱらJAZZ。
それも、とても保守的な美しい音色のJAZZ。
例えば、アートペッパーとか、スタンゲッツとか
ブルーノートの1500番台とか4000番台前半とか。

朝はなんと言ってもウエストコーストの
甘くて美しい、冬の朝のめずらしくちょっとぽかぽかする日のような
ちょっと嬉しくなるメロディ満載の白っぽいアルバム。
夜はもう少し、黒強めの、ガッツあるもの。
アートブレイキーとか。

そうそう、ドラムがかっこいいなって思うのは
JAZZを聴き始めてからだった。
フィリーリージョーンズなんて、全部かっこいい。
耳と胸に、
いっぺんに飛び込んでくる。
一直線に。

だから、ドラマーにフィリージョージョーンズの名前を見つけると
とても嬉しくなる。

こういうことはROCKを聴いてるときはなかった。

ROCKは曲を聴き、JAZZは楽器を聴く。
そんな感じがする。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/308-0911e181

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。