スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無用なエフェクトやリバーブ処理を介さないそのまま鳴ってる音。やっとビルエバンス。

ジャズを意識的に初めて聴いたのは
たぶんマイルスのプラグドニッケルのライブだと思う。
ロック、特に60年代のロックとか
その頃はビートルズやニールヤングやツェッペリンやディランや
その他多数の海賊盤をよく聴いていたので
音楽よりなによりも、その音の良さにびっくりしたのを
今でもよく覚えている。

トランペットやサックスが
すぐそこで演奏者が演奏してるかのような
リアリティ。

こういうのは60年代までのロックでは
経験したことがなかった。
ジャズの初体験は音の良さ。生々しさ。リアリティ。
音楽を聴く際にそれまで意識したことがない
音そのものの良さに、とにかく魅かれた。

特に顕著に感じたのは
トランペット、サックス。

だからジャズといえば
管楽器。

ピアノトリオの盤を所有するようになるのは
5年後。
ピアノトリオの良さを知るのは
10年後。

初心者へのおすすめ盤として有名な
ビルエバンスのワルツフォーデビーを
今になってようやく好きになる。
朝起きて一番に聴きたいと思う。
頭に曲が鳴る。
こういうこともジャズではあまりなかったこと。

繊細だけどハードボイルド。
ドラムもベースも歪と感じるほど極端に音が近い。
そう、音が近い。

一連のロストレノンテープスの
ジョンレノンの自宅デモをとても好きな理由。
この音の近さによる生々しさ。

無用なエフェクトやリバーブ処理を介さない
そのままで鳴ってる音。

どんなジャンルだろうが
そういうレコードが好きだ。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/321-9451121c

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。