スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝シャン

その昔、「朝シャン」、という言葉が流行ったことがある。
文字通り、朝にシャンプーをすること。
今でも通じる言葉なのだろうか。
もう20年以上も前の話。

その頃のおしゃれな若者は「朝シャン」を始めた。当時は、風呂は夜入るもの、という常識があった。少なくともその頃は。その頃の若者は、もちろん若者だけではないし、今ももちろんそういう人は多いと思うのだけど、夜に風呂に入り、そして、朝にも風呂、あるいはシャワーを浴びていたのだろうか。

あまり疑問もなく、僕はというと、朝はシャワーを浴びる。そして夜はその日によってはいるかどうか決める。その逆はない。その習慣があるから夜、風呂に入り、そして、朝シャワーを浴びることも当然多い。

ほかの人はどうなんだろうか。一日2回風呂に入ってるのだろうか。それともどちらか一方だけなのだろうか。そして2回とも体も髪も洗うのだろうか。そして、今も「朝シャン」という言葉は生きてるのだろうか。

ちょっと興味がある。
スポンサーサイト

Comment

[838]

こんばんは。
ご無沙汰しています。

朝シャンという言葉は死語の様な気もしないでもないです。。
一部ではまだ生きているのかなぁ(笑)
私の場合、「朝、髪洗ってさ~」などと会話します。
朝シャンという言葉は使いませんね。

夏以外は夜のオフロで洗髪もしておきます。

夏は、夜のお風呂の時には洗髪はしないでおいて、
朝に洗髪することが多いです(^^)
ただ、朝に洗髪やシャワーをすると、
午後には眠くなってしまうので、夏の朝のシャワーもやめようかと思っています(笑)
あと、ロングヘアの時とショートヘアの時とでも違うし、ケースバイケースですねぇ。
基本的には夜に全部済ませておきたい派です。(寝坊するし…)

[839] パイクマンさんへ

こんばんは。ご無沙汰してます。
いつもブログは楽しませてもらってますよ。

たぶんパイクマンさんのような方が多数派のような気がします。夜にお風呂はマストで、朝はケースバイケース。朝のお風呂は確かに眠気を誘います。ただ、朝シャワーを浴びると気持ちよく家を出れるんですよね。

こういう、とてもプライベート度の高いほかの人の習慣は想像つかないです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gaku69ab.blog37.fc2.com/tb.php/367-71020cec

«  | HOME |  »

プロフィール

gaku69ab

Author:gaku69ab
吉田 学:音楽プロダクション勤務。アーティストマネージメント、A&R、ライブ制作などやってます。1969年5月3日香川県高松生まれ。大学進学時に横浜へ。レコード会社就職時に東京へ。大阪、札幌への転勤、そして転職を経験しながらも、現在までずっと音楽業界にいます。ニールヤングとジョンレノンとアルクーパーとドアーズとビートルズとキンクスとバーズとデレクアンドザドミノスとサイケデリックロックが特に好きですがスタンゲッツやビルエヴァンスやブルーノートやXTCやトーキングヘッズやポールウェスターバーグやダイナソーJRやマシュースウィートやフレーミングリップスやウィルコや斉藤和義も好きです。
<好きなレコード>
THE BEATLES-RUBBER SOUL
THE BEATLES-THE BEATLES
THE BEACH BOYS-SUNFLOWER
AL KOOPER-NAKED SONGS
DEREK AND THE DOMINOS-LAYLA AND ASSOCIATED LOVE SONGS
THE KINKS-SOMETHING ELSE BY THE KINKS
THE BLUES PROJECT-PROJECTIONS
NEIL YOUNG WITH CRAZY HORSE-EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE
NEIL YOUNG-ON THE BEACH
NEIL YOUNG-TONIGHT'S THE NIGHT
XTC-Orange&Lemons
Nirvana-Nevermind
Teenage Fanclub-Bandwagonesque
The Flaming Lips-Hit to Death in the Future Head
Dinasour Jr.-Where You Been
Paul Westerburg-14 Songs

泉谷しげる-Early Time
桑田佳祐-孤独の太陽
斎藤和義-ジレンマ
Cornelius-69/96

<好きな作家・本>
安部公房-ほぼ全部
佐藤正午-ほぼ全部
伊坂幸太郎-ほぼ全部
重松清-疾走
三田誠広-考えるウォークマン
村上春樹-世界の終りとハードボイルドワンダーランド
村上龍-シックスティーナイン
奥田 英朗-サウスバウンド
筒井康隆、三崎亜紀、乙一、中山康樹


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブロとも一覧


リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


RSSフィード


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。